NMB48山本彩 たかみなから「ごめんね」、次は「ゆいはんの荷物持ちやな」
ジュエリーブランド「Bijoude(ビジュード)」初のTV CMにNMB48メンバーが起用された。 CMは、NMB48が、いつもとは違った少し大人なイメージの魅力が詰まっている。出演メンバーは、山本彩/渡辺美優紀/白間美瑠/矢倉楓子/薮下柊/吉田朱里の7名。 ーBijoude TVCMが決まったと聞いたときは? 山本「私たちNMB48とジュエリーがなかなか結び付かなかったので、本当に大丈夫かな?と思ったんですが、女性として、憧れで大好きなジュエリーのCMが出来るのは、本当に嬉しいです。」 渡辺「普段からジュエリーが大好きで、毎日欠かさずに身につけているものなので、Bijoudeさんとコラボレーションが出来て、本当に嬉しいです。」 矢倉「女性としてももちろん嬉しいですし、NMB48としても、いつもと違った一面が(CMの中で)見せることが出来て嬉しいです。」 白間「ジュエリーといったら、大人の女性のイメージだったので、(撮影しているときは)どんな仕上がりになるんだろうと思っていて、不安なんて吹っ飛ぶぐらい素晴らしいCMになっていて、すごく嬉しかったです。」 吉田「女性からの支持があるタレントでないと、ジュエリーのCMには出れないと思っているので、私たちNMB48も女性の方々からも支持されていると評価されているんだなと嬉しく思っています。」 薮下「CMに出れることだけでも嬉しくて、さらにジュエリーと聞いて、すぐに家族に自慢しました!喜んでくれましたが、私には似合わないと言われたので、似合う女性になれるように頑張りたいと思います。」 ーCMの見どころは? 渡辺「Bijoudeのキラキラした魅力と少し大人なNMB48が詰まったCMになっています。応援してくれているファンの皆様以外の方でも印象に残るCMになっています!」 ーデザインのポイントは? 山本「クラウンが好きで、そこにもう一つ加えたいなと思って、かっこいい感じの翼を付け加えまして、中にキラキラした石も入っていて、石自体も動くので、よりキラキラ輝くかと思います!」「クリスマスも近いのでぜひカップルにつけてもらいたいです。」「(苦労した点は?)ホントにゼロから考えたので、デザインにも悩みましたし、メンズとレディースでどう変えようかなとも悩んで、違うものにもしようかと考えもしたんですけど、ペアということで、あえて全く同じものにさせていただきました。」 渡辺「ハートがすごく好きで、絶対に女の子には、ハートを付けてもらいたくて、男性の方にもペアなので、こだわりを入れて、100パーセント私の要望を聞いていただいて、すごくシンプルでかわいい、皆さんが身につけやすいデザインにしました。」「メンズとレディースを組み合わせると、ちょうどハートの型が合うんです。」「クリスマスも近いので、カップルでペアで付けていただいて、そんなカップルを見かけたら、私から【ありがとうございます】と握手をしにいきたいと思います。」 ーチームイメージのデザインについて 白間「NMB48をイメージして作られていて、後ろが豹柄になっていて、ジュエリーで豹柄って、めずらしいんですよ!」「普段着でも身に付けやすいデザインなので、ファンの方々以外にも身に付けていただきたいです。」 矢倉「チームN、チームM、チームBⅡと3タイプあるので、ぜひ推しチームのものを身につけて欲しいです。」 ー10th「らしくない」がタイアップですが? 白間「今回のらしくないは、白間と矢倉のダブルセンターを務めさせていただいて、すごく大事な曲で、そのらしくないがCMに起用されていて、すごく嬉しいです。」 矢倉「らしくないという曲名通り、普段のNMB48とは違った“らしくない”姿を表現しているので、CMをたくさんの方に見ていただいて、曲とともに、記憶に残ると嬉しいです。」 吉田「ライブなどでファンの皆さんも一緒になって踊って歌ってくださったりとノリノリな曲なんですけど、このCMで聴くと、また違った感じの曲に聴こえてきます。」 ー(白間/矢倉/薮下/吉田)もしデザイン出来るとしたら、どのようなデザインにしますか? 薮下「自分の名前を入れます!漢字一文字“柊”を入れて、世界に1つだけのジュエリーデザインをしたいです!」 吉田「キラキラしたものがすごく好きなので、シンプルに気軽に誰でも身に付けれるようなものがいいです!」 矢倉「アイスクリームが好きなので、キラキラの豪華なアイスクリームの形のものを作ってみたいです。」 白間「人の似顔絵を描くのが得意なので、身に付けてくださる方の似顔絵を描いて、デザインしてもらいたいです!」 ー高橋みなみさんの卒業発表を受けて、感想など 吉田「48グループをいつも先頭で引っ張ってきてくださった方なので、これからどうなるのかなとすごく思ったんですけど、私ももっと頑張って、いつかは、48グループを引っ張っていけれるような存在にならないといけないなとすごく思いました。」 白間「私聞いたとき、びっくりして、ドッキリが続いているのかなと思って、ホントで、ちょっと言葉出なかったです。」 山本「正直まだ実感がないと言えば実感がないんですけど、今すぐに卒業というわけではなくって、あと1年ぐらいの時間をたかみなさんが私たち後輩に残してくださったので、私たち後輩は、出来るだけ学んで、吸収したいですし、次期総監督の横山由依ちゃんが指名されたので、私は、ゆいはんを支えて、引っ張っていく隣でいられるようなメンバーになりたいと思うので、たかみなさんが卒業するまでに頑張ってそういう存在になりたいと思います。」 渡辺「たかみなさんが総監督になってから、たかみなさんのことをアイドルとしてではなく、総監督としてずっと見てきたので、これからも卒業してからも、どんな形でもいいから48グループにずっと寄り添ってて欲しいなと願ってます。」 矢倉「チームAで同じチームで活動していて、いつもたかみなさんは、みんなを引っ張ってくださっていて、いつでも全力な姿を見ているので、私もそういうたかみなさんから、限りある時間の中でたくさん吸収出来たらいいなと思います。」 薮下「たかみなさんは、AKB481期生で48グループ全体の土台を作ってきてくださった方なので、1年という少ない時間ではあるんですが、吸収できるものは、全部吸収して学んで、自分自身ももっと成長できたらいいなと思います。」 ー高橋みなみさんとは、何か話されましたか? 山本「昨日、発表の場にいることが出来たので、終わってから何て声をかけたらいいかわからないまま、たかみなさんから“ごめんね”と言ってきてくださったんですけど、謝ることではないというか、すごく前向きに決断してくださったことだったら、私たちもすごく嬉しいですし、卒業発表がたかみなさんにとってプラスになればといいと思うので、私たちもプラスに考えれるようにしたいなって思います。」 ー横山由依さんとは、何か話されましたか? 山本「とりあえず、まだ1年あるし、私もいるしと。これは、まだ言ってないんですけど、次は、私がゆいはんの荷物持つ番やなと。言おうかと考えています。あまりくさい様でしたら止めておこうかと思います(笑)」 【NMB48その他の写真記事はクリック】・『ジャングルジム』『青春のラップタイム』『太宰治を読んだか?』買うならクリック!一曲から買える!