指原莉乃が新曲と紅白出場で狙う革命
HKT48の新曲『控えめI love you !』は兒玉遥がセンターとなり大ヒットを記録。 この楽曲で、現在、HKT48の大黒柱である指原莉乃が、AKB48グループでの「天下取り」を着々と進行しているとして話題になっている。 「指原が秋元康氏と同じように、HKT48のプロデュース業に関わっているのは本人も認めるところなのですが、「指原P」が提言することが全て当たると評判です。今回の新曲でも、振付師にKABA.ちゃんを起用。直接、「指原莉乃が番組収録の合間にKABA.ちゃんに声をかけた」ということになっているのですが、これが当初「さすがにタレントである指原本人が声かけたって本当か?」とAKB48に関わるスタッフの間でも言われていたのですが、どうも本当の話らしいんです…。アイドルが、振付を直接頼むなんて聞いたことがない(笑)。しかもいざ、出来上がったMVを見たらいままでのHKT48史上最高とも言える可愛らしくて真似をしたくなるような振付で大好評を得た。しかも、今回の「可愛い振り付け」も、ダンス・歌唱の「パフォーマンス力」で完成度の高いハロー!プロジェクトのアイドルには真っ向勝負では敵わないと、HKT48ではとにかく振り付けがファンと一緒にできて可愛い振りを指原が求め、その結果がKABA.ちゃんへの打診だったと言われている。そこまで考えている指原は、完全にアイドルを超越していますよ。(アイドル雑誌編集談)」 そして、兒玉遥の初センターも指原が後押ししたという。この兒玉遥起用にも、ファンをくすぐる仕掛けが。 「いままでHKT48はセンターが1stシングルから3作連続で2期生を抜擢。これには、未だにHKTファンの間でも賛否両論が巻き起こっている。その中で、1期メンバーであり高い人気でエースとして踏ん張ってきた兒玉遥を初センターにすることで、再度HKT48ファンの気持ちを高ぶらせた。特に兒玉遥は「挫折」を公言するほどに悩んでいたのをファンが知っているからこそ。また、同じく初期から人気を支えた宮脇咲良が同時期にAKB48の38枚目のシングルセンターに大抜擢された。この2つのサプライズで、一気にHKT48の人気が加速し、紅白歌合戦までゲットしました。こういったファン心理をうまく突くところも、熱狂的な「ハロー!プロジェクトオタク」として有名な指原の手腕が光った。さっき話したパフォーマンスの話もそうですが、指原はアイドルオタクとしての洞察力でAKB48グループの先輩たちを含め研究をし、HKT48の若いメンバーが「無駄な勝負」をしなくていいようにうまく「HKT48らしさ」を作り上げている。これが確立されれば、HKT48は唯一な存在となりAKB48グループの主軸となれる可能性は十分にあります。(同上)」 もはや、いまの指原には「打倒AKB48」という気持ちはないのかもしれない。HKT48が成長することこそが、未来のAKB48グループの人気を支えることになるからだ。指原莉乃がアイドル業界に起こし続ける革命は、まだまだ終わらない。 【HKT48関連ニュースはクリック】※【クリックでゲット!】HKT48楽曲!