遂に復活、中森明菜5年半ぶりのオリジナルシングル発売へ
中森明菜が長い沈黙を破り、およそ5年半ぶりとなる新作をリリースすることが分かった。 まず来年1月21日(水)にニューシングル『Rojo -Tierra-』をリリース、続いて1月28日には歌姫シリーズの第4弾カヴァー・アルバム『歌姫4 -My Eggs Benedict-』がリリースされる。 明菜のシングルは、09年の『DIVA Single Version』以来、実に5年4か月ぶりとなる。 タイトルの『Rojo』は「赤」で、サブタイトルの「Tierra」は「大地」を意味している。歌姫復活に相応しい、中森明菜にしか歌えないエキゾチック・エレクトロニック・ダンス・ミュージックが完成予定で、アフリカ風サウンドとEDMと生命を感じさせる歌声が融合し、明菜史上、類を見ない新しい作品が誕生しそうだ。 そして、1月28日(水)にリリースされるアルバムは、「現時点で明菜のボーカルを最大限に引き出せるもの」として、カヴァー曲に特化した、歌姫シリーズの続編となっている。 毎回異なる趣きの選曲が話題の『歌姫』シリーズだが、今作のコンセプトは、「ラブソング」。70年代後半~2000年の名曲が選曲されており、原曲の素晴らしさに引けを取らない、強い歌心が響きわたる明菜ワールド全開のラブソング集になる予定で、このコンセプトを、1枚のお皿を愛らしく彩る対の“エッグ・ベネディクト”になぞらえ、よりイメージが膨らむようなサブタイトルがついている。 収録曲については、『愛のうた』(倖田來未)、『雪の華』(中島美嘉)の他、『長い間』(Kiroro)、『接吻』(オリジナル・ラブ)、『スタンダード・ナンバー』(南佳孝)などが収録される予定。約5年間の活動ブランクがある中森明菜だが、 歌姫復活に向けて期待できる作品になることは間違いないだろう。