hide 奇跡の新曲解禁、未公開カット収めたPVも
新曲『子 ギャル』は本来、1998年11月に発売された3rdアルバム『Ja,Zoo』に収録される予定だった。 しかし制作途中にhideは他界し、ラフなボーカルによるデモ音源しか存在しなかったため再現不可能と思われていた幻の楽曲。 時を経て、ヤマハが開発した最新の歌声合成技術(VOCALOID)と、hideと共に楽曲制作してきたI.N.A.のプロデュースワークが融合し、2年の月日を費やして完成した。 そして新曲完成の発表を受けて、ネットを中心に話題騒然の中、「hide出演」によるプロモーションビデオも完成した。 このプロモーションビデオは、1998年、ロサンゼルスでの『Ja,Zoo』制作時のレコーディングシーンやオフのシーンで構成されている。既出の映像に加えて初公開となる未公開カットも使用した、まさに貴重なドキュメンタリー映像ともいえる。 新曲『子 ギャル』は、12月10日に発売となる、生誕50周年記念アルバム『子 ギャル』に収録される。このアルバムは、“新曲1曲+Bonus Track”という異例な(?)構成。 新曲 『子 ギャル』に加えて、『ピンクスパイダー』『ROCKET DIVE』など、hideの代表曲ともいえる15曲を“Bonus Track”として新たにリマスタリングして収録している。 このアルバムは、「hideファンの方々はもちろんのこと、まだhideの作品に触れたことがない方々にもこの“生誕50周年”という機会に、色褪せない彼のサウンドを体感して頂きたい。」というコンセプトから誕生した。 hideの名曲クリックで蘇る