indigo la End新曲MV、若干15歳の女優田辺桃子を起用
川谷絵音率いる4人組ロックバンドindigo la Endが今年のクリスマス・イヴ12月24日(水)に放つメジャー2ndシングル『さよならベル』のMUSIC VIDEOを公開した 川谷絵音の目のアップから始まるストーリー。川谷が瞬きをすると思い出の中の 「今はもう傍にいない君=彼女」が映し出される。目の瞬きが「夢=彼女との切ない想い出」と現実の世界を行き来する効果を果たしている。 夢の世界で登場する彼女役は同作品のジャケット写真にも登場している若干15歳の田辺桃子。 MVの淡く切ない世界観にぴったりのキャラクターと、その随所に見せる演技、表情が印象的で、缶コーヒーを飲んで苦い表情を求められるシーンで見せる渾身の表情に是非注目してほしい。 またバンド演奏シーンでは、照明/カメラアングルに特にこだわり、スモークやドライアイスを効果的に使うことで、ドリーミーな色味や質感を表現している。バンドの新境地到達への幕開けを告げる躍進の作品のMV是非ご覧いただきたい。 <川谷絵音コメント>さよならベルの淡いイメージを理想的な形で映像化できたと思います。特に出演してくれた田辺桃子さんの15歳とは思えない存在感に圧倒されました。素晴らしい表情です。これからのindigo la Endを象徴する曲、映像になっているので皆さん是非ご覧下さい。 <田辺桃子コメント>今回、indigo la EndさんのPVに出演させて頂いた、田辺桃子です。PV撮影はまだ数が少ないので緊張していた部分もありましたが、vocalである川谷さんや大久保監督がイメージしている空間を作れるように心を込めて演じました。なので、見ている方にもその世界観に浸って頂ければ嬉しいです。 <大久保拓朗 MV監督コメント>indigo la Endの『さよならベル』MVは、「夢」がコンセプトの映像です。メンバーの演奏シーンも、女性キャストと川谷さんのドラマシーンも、ドリーミーな色味や質感にこだわりました。ドラマシーンは、基本的には男女の切ない関係性を描いているわけですが、現実とも夢ともつかない、曖昧模糊な雰囲気を出すために、「煙(スモーク)」や「ドライアイス」を効果的に使っています。カメラアングルも、わざと斜めに傾けたり、90度倒したり、違和感のある画作りをしています。最初に、川谷さんからは「瞬きによって、演奏シーンとドラマシーンを切り替えたい」という要望がありました。「瞬き」というキーワードから、「時が止まる」というイメージが沸き、シュールな夢のシーンとして「だるまさんが転んだ」を取り入れています。真っ白な空間で二人だけでおこなう「だるまさんが転んだ」はシュールですが、どこか懐かしく切ない雰囲気も生み出しています。撮影中は、「瞬き」を何回も撮影しましたが、それ以外のドラマシーンは極力瞬きをガマンしてもらいました。それは大変そうでした(笑) 個人的な見所は、目玉焼きのシーンです! ☆indigo la Endはこちら!