Da-iCE新曲MVで演技初挑戦、大野雄大の泣き演技にメンバー驚嘆
今年、2014年1月にメジャーデビューし、キャッチフレーズの「顔面偏差値75グループ」・「イケメン界の東大生」がTVや雑誌・WEB等で数多くピックアップされ話題沸騰中のDa-iCE。 先月10月15日(水)に1st album『FIGHT BACK』を発売し、オリコンデイリーランキング1位、オリコン週間ランキング3位を獲得したばかりの彼らが、早くも2015年1月7日(水)に発売する4枚目のシングル「もう一度だけ」のMusic Video(以下MV)が完成し公開された。 『もう一度だけ』のMVはタイトルの「もう一度だけ」、そして、楽曲が「失った大切な人ともう一度やり直したい後悔」を歌っている事にちなみ、”もう一度だけ戻る逆再生”を取り入れたMVとなっている。 例えば、パフォーマーの和田颯(わだはやて)が失った相手が座っているかの様に椅子に向かってダンスをしているシーンでは倒れた椅子が戻ったり、同じくパフォーマーの工藤大輝(くどうたいき)がピアノを演奏しているシーンでは落ちたはずの譜面が戻ったり、ボーカルの花村想太(はなむらそうた)はなんと歌唱を逆から行っている。 また、これまでのDa-iCEのMVはダンスシーンが中心だったが、上記楽曲の世界観を表現する為に初の演技シーンに挑戦している。 パフォーマーの岩岡徹(いわおかとおる)は初めて車を運転している姿を披露し、失った大切な人を思う演技、ボーカルの大野雄大(おおのゆうだい)はなんと泣く演技に挑戦。 日頃彼はDa-iCEのムードメーカーでお笑い担当の為、スタッフは本当に泣ける心配していたが、撮影がスタートすると同時に泣くという驚く演技力を見せつけ、驚かせた。 なお、このMVの監督は東方神起・SHINee・嵐など数々のアーティストを手掛けている須永秀明氏が監督を務めている。 ファンはこのMVを見て、『もう一度だけ』が発売されるまで楽しみに待とう。 『もう一度だけ』は“全恋愛ドMがギャン泣きする失恋ソング”(”切ない季節により切なくなってギャンギャン泣きたい人の為の失恋ソング”)という楽曲内容・キャッチフレーズになっている。 Da-iCE楽曲はドワンゴジェイピーで