横アリでアニソンの祭典!FLOW×GRANRODEO、JAM Projectら豪華競演
アニメ専門チャンネル<アニマックス>は、11月22日(土)に横浜アリーナで、「ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA supported by スカパー! 」を開催した。 今回で10回目を迎える「ANIMAX MUSIX 2014 YOKOHAMA」には、May’n、KOTOKO、GRANRODEO、JAM Project、及川光博をはじめ、シークレットゲストのFLOWを含む21組のアーティストが、自身の持ち歌はもちろん、「ANIMAX MUSIX」で恒例となったカバーやコラボレーションを披露した。 5回目の登場となったGRANRODEOは、FLOWとコラボレーションし、テレビアニメ「七つの大罪」のEDテーマ『7-seven-』を熱唱した。また、声優として活躍する井口裕香、今井麻美、内田真礼、南條愛乃の4人は、TVアニメ「喰霊-零-」のOPテーマ『Paradise Lost』でコラボレーションした。人気声優の4人が一堂に介したステージに会場の盛り上がりは頂点に達した。その他、「ANIMAX MUSIX」に初回から出演するMay’nは、今回、「ANIMAX MUSIX」初登場のJAM Projectと、TVアニメ「ダイヤのA」のOPテーマ『Go EXCEED!!』を熱唱した。「ANIMAX MUSIX」の見どころの一つになった“コラボレーション”だが、今年もファンの期待を裏切らないステージとなった。 さらに、このステージで、及川光博が、TVアニメ「超ロボット生命体 トランスフォーマーアドベンチャー」のOPテーマ『SAVE THE FUTURE!!』を歌うことが発表され、初めて楽曲を披露した。「超ロボット生命体 トランスフォーマーアドベンチャー」は、来年春、アニマックスでテレビ初放送予定の新作。 そして、ステージの最後には、アーティスト全員で、『ルパン三世のテーマ』を歌い、6時間30分におよぶステージを終えた。