ニコ生「太田貴子のドキドキ倶楽部」クリィミーマミ大好き桜花由美登場
クリィミーマミの声優や主題歌も担当していた太田貴子の看板ニコ生番組がスタート。一回目のゲストには、「魔法の天使クリィミーマミ」な女子レスラー桜花由美が登場した。 ニコニコ生放送「tatsumi01」内チャンネルで毎月第三木曜日の21時より放送がスタートした、「太田貴子のドキドキ倶楽部」。メインパーソナリティを、クリーミィマミの声優としても有名な太田貴子と音楽プロデューサーの宮路一昭が担当。アシスタントに斎藤崇広が参加している。 第1回目のゲストで登場したのが、プロレスリングWAVEの取締役専務であり、女子プロレスラーの桜花由美。 番組開始時から、満面の笑顔で話し続けてきた太田貴子さん。「貴子の、教えて、あ・げ・る!!」のコーナーは、リスナーからの質問に答えていく形で進行。 まずは、太田貴子も出演。11月8日に行われたイベント「tatsumi01祭り」の模様を紹介。その映像を見ながら、当日の感想をトーク。 じつは「占い」も得意という太田。「人並みに占いは…」という言葉へ、「占いは人並みには出来ないよ」とパーソナリティの2人から突っ込まれる場面も。ここでは、血液型の特徴も語ってくれた。他にも、「クリーティマミの声を」のリクエストに合わせ、お馴染み変身の呪文を唱えれば。太田貴子と宮路一昭の出会いのエピソードもあれこれ語り合っていた。出会った当時の太田貴子は、まだ女子高生。それからすでに30年以上のキャリアを積んできた。「最近、現場には若手が多くて」と、なんとも突っ込みがたいコメントも…。 桜花由美をゲストに迎えたコーナーでは、試合と同じく、桜花由美がテーマ曲『resurrction』を背景に試合用コスチュームを身につけて登場。この日の放送は、11月20日、つまりボジョレーヌーボーの解禁日。ということで桜花由美、この日発売になったばかりのボジョレーヌーボーを持参してくれた。トークコーナーは、赤ワインを片手に「乾杯!!」からスタート。 桜花由美は、「クリィミーマミ」が大好きで、太田貴子さんに会いたくて芸能界を目指す中、何故か女子プロレスラーになってしまったという経歴を持つ方。4歳のときに見たクリィミーマミの存在が桜花由美さんにとっては衝撃で、中学生になるまでは本気でクリィミーマミになりたいと思っていたそうだ。でも、成れない現実に気づき、中学生のときに今度はクリィミーマミの声を担当していた太田貴子さんに会いたくて、芸能界へ。 女優として8年間活動していた中、「女子プロレスラーを経験したらアクション女優になれる」というオーディションへ応募。ひょんなことから、アクション女優ではなく、女子プロレスラーになってしまったという経歴の持ち主。 宮路一昭と桜花由美との出会いは、知人の仕事の関係から、桜花由美主演のイメージDVD『美衝撃』の制作に協力したことから。余談だが、イメージDVDの第二弾作では「手ぶら」や「ふんどし姿」も披露していたそうだ。 桜花由美は、大の「魔法の天使クリィミーマミ」マニア。トークでは、「魔法の天使クリィミーマミ」への想いを語りに来たはずが、太田貴子がプロレスに興味を持ち出し、いろいろと桜花由美へ質問。「セクシーな衣装で戦ってポロリはないの??」と聞かれ、「あります」と、その当時のハプニング話をしてくれた。桜花由美以前は、入場曲として「魔法の天使クリィミーマミ」の楽曲『美衝撃(ビューティフル・ショック)』を使い、歌いながら登場していたという話も。 当時は、「わたしはクリィミーマミになる」とイメージしながらリング上で戦っていたそうだ。さらに、デビュー戦のコスチュームはクリィミーマミの衣装姿だったというエピソードも。「魔法の天使クリィミーマミ」のDVD-BOXを何タイプも持っていれば、「魔法の天使クリィミーマミ」仕様のパソコンまで使っている桜花由美、そのマニアぶりも言葉にしていた。 ここで「ドキドキする話」のコーナーへ。ここでは、先日、太田貴子が新宿二丁目のゲイのお店に行き、「新宿二丁目デビュー」した話へ。お店では、なんと『デリケートに好きして』を歌い、みんなの視線を集めていた話も登場。「店員さん、男の人とばかりしゃべってて、女性を相手してれないの」という太田貴子の発言も。裏話をするなら、「tatsumi01」を中継している場所が新宿二丁目にあることから、別番組へゲストで登場したとき、放送後の食事会後の流れとして、ゲイバーへ足を運んだそうだ。 桜花由美は、新宿で「ちゃんす」という女子プロレスバーも経営しているそうなので、試合も当然ですが、お店にも足を運んでみてほしい。 この日は、太田貴子の『デリケートに好きして』や、桜花由美の歌った『ため息』もオンエアーしていた。次回の放送は、12月18日(木)の21時より。こちらも楽しみだ。 ★アフターインタヴュー★――第一回目の放送を終えて、どうでした?? 太田 いやー、ホントにドキドキしちゃいましたぁ。最初はチグハグな感じだったから、もうどうなるのか心配だったんだけど。なんか自然と笑顏になってきて、楽しかった(笑) 桜花 出させていただいて、ほんと楽しかったです。クリィミーマミ好きな私としては、憧れの太田貴子さんと共演なんて、30年来の夢が叶ってしまってホント嬉しかったです。なので、次の夢や目標は結婚することかな(笑)。 宮路 正直、まだ番組自体が始まったばかりだし、見てくれてる方もどうコメントして良いのか手探りだったけど。その辺は視聴者と一緒に作ってゆく番組にしていきたいから、これから徐々に構築していこうかなと思ってて。 太田 そうだね。でもみなさん、コメントもいろいろ入れてくれてましたよね。 宮路 けっこう来ていたね。ぜひ太田貴子に聴きたい質問や、占って欲しいことなどを寄せてくれればと思います。「太田貴子のドキドキ倶楽部」は、クリィミーマミの世界観が好きな人が多く見てくれている番組ですし。貴子ちゃんの新たな一面をいっぱい引き出せればと思っています。次の貴子ちゃんの衣装はヘソ出しかな(笑)。 斉藤 ファンの方からのリクエストもありましたからね。 桜花 今度アンケートを取りましょうよ。「ヘソ出しみたい?」「見たくない?」とか。 宮路 次回からは、「参加型」のアンケートも取りましょう。 斎藤 ますますドキドキしそうです。今日もドキドキしてました。 太田 ホントにドキドキしてたの?? 斎藤 してましたよぉ!! TEXT:長澤智典 『太田貴子のドキドキ倶楽部』#1