フルーツポンチとドン小西が「たまごっち誕生祭」祝う
11月23日人気ゲーム「たまごっち」が発売18周年を迎えたこの日を祝う「たまごっち誕生祭2014」がお台場のダイバーシティ東京プラザ各所で、撮影会やウォークラリー、たまごっちの歴史を振り返るミュージアムなどこの日を祝う特別企画が開催された。  2Fフェスティバル広場では、たまごっち18年の歴史を辿ると共に、この日が誕生日の人気キャラクター「まめっち」の誕生日を祝うスペシャルステージを開催。広場には多くの親子連れが集まり、期待に胸を膨らませていた。 まめっち、くちぱっちと共に、この日のトークゲストとして、人気お笑いコンビ・フルーツポンチとファッションデザイナー/評論家のドン小西が登壇、この特別な日に華を添えた。 1996年のたまごっち発売時のことを深く知る3人は「持たないと恥ずかしい!と言われてたぐらい、人気だったね(小西)」、「人気過ぎて全然買えなかった!(フルポン・亘)」と当時の思い出を振り返った。その後、最新作「TAMAGOTCHI 4U」と最新キッズファッションとのコラボファッションショーがスタート。現在発売中の赤、紫、青、白の4色と同じ色でコーディネートされた人気少女モデルたちが登場。ドン小西は「目がハートになっちゃったよ」とメロメロ。「TAMAGOTCHI 4U」に付いた、12種類のカヴァーと6種類のストラップによる着せ替え機能を使ってコーディネートを披露するフルーツポンチとドン小西。小西は本職の評論家としての鋭い意見が炸裂、村上の赤カヴァーと青ストラップについて「ダメだなぁ!」とキツイ一言、場内の笑いを誘った。 続くは今まで発売されたたまごっちの18年の歴史を、発売当時のファッションと共に振り返るという特別企画がスタート。1996年初代が発売された頃のブームは、歌手・安室奈美恵のファッションを模した「アムラー」。ミニスカートと茶髪で登場したモデルが登場し、初代たまごっちを持ってポーズ。2004年「帰ってきたたまごっち+」発売時のファッションはヤマンバギャル。派手なモデルの姿に子供たちは驚き口をアングリ。2009年フルカラー化を果たした「TAMAGOTCHI ID」の頃は青文字系、そして2014年「TAMAGOTCHI 4U」で原宿カワイイ系と、時代の流れと共にたまごっちも共に進化してきたことを改めて視覚化した。 最後は、まめっちの誕生日を祝うセレモニーがスタート。この日のためにたまごっちキャラたちが、まめっちのためにケーキを用意したとの呼び込みで、超巨大なお祝い箱が登場。場内中から「オメデトー!!」の声が上がり箱を開けると…なんと、ケーキがなくなっていた!ガックリと肩を落とすまめっち。ケーキが消えた謎は、この日会場で開催された謎解きラリーで明らかになるとのことで、ステージ上の全員と、会場中のみんなが「探すぞー!」と心を一つにして、イベントを終えた。