ユナイト、カメレオ、DIVのニコニコ本社ジャックを徹底レポ
11月18日、ユナイト、カメレオ、DIVの3組が、「DANGER fes 2014」の開催を記念して、池袋ニコニコ本社をジャックし、公開イベントを行なった。 12月22日に川崎CLUB CITTA’で開催される「DANGER fes 2014」。同じ事務所に所属していながら、一堂に会することのなかったユナイト、カメレオ、DIVの3組のみで、初めて集結するこのイベントの開催を記念して、3組が池袋ニコニコ本社をジャック。ユナイトの結(Vo.)、LiN(G)、莎奈(Dr)、カメレオのHIKARU.(Vo)、Kouichi(B)、Takeshi(Dr)、DIVのCHISA(Vo)、ちょび(B)、将吾(G)という9人の選抜メンバーが、三部制の公開イベントを行なった。また、この模様はニコニコ生放送にて中継され、タイムシフトを含め35,303人のユーザーが視聴。たくさんのコメントがモニターを賑わせていた。 イベントに先駆けて、毎週火曜16:00からニコニコ本社サテライトスタジオ「ニコぶくろ」にて生放送されている「ときめき☆びじゅナイト」の番組冒頭に、ユナイトのLiNと莎奈、カメレオのHIKARU.とTakeshi、DIVのちょびがサプライズで出演。この後に行なう公開イベントの告知をする予定だったのだが、莎奈はスマホで集合写真を撮り、LiNとちょびはモニターに流れているユーザーからのコメントをただ眺めている状況に、Takeshiが「これは事務所の人選ミスですね!」と一言。挙げ句の果てに、HIKARU.に「今日はここで何をしているんですか?」と言われた、番組司会の星野卓也氏を胴上げし始め、その途中で映像が終了するという、ちょっとした放送事故状態で出演を終えた。 そして、17時より第1部の「ニコニコ本社を歩いてみた&まさかのゲーム実況inニコニコ本社!」がスタート。ゲーム実況者としても注目を集めている茸氏の司会進行で、ユナイトのLiN、カメレオのKouichi、DIVのCHISAの3人がイベントスペースを飛び出し、ニコニコ本社を散策することに。イベントスペースの隣にあるnicocafeでは、記念に色紙に一筆したためた後、実際にお店で提供されているソルティードッグ風にデコレーションされた“塩水”を飲むことになった3人。最初に飲んだCHISAは「浸透圧が血液と同じで健康に良さそう」とコメントし、次のLiNは“塩水”を一気飲み! それを見ていたKouichiが自分のドリンクをすかさずスっと渡し、それを同じく一気で飲み干したLiNは「何杯でも飲める!」と言いつつも、やや涙目になっていた。また、ニコニコショップから気になったグッズを持ってくるということになり、Kouichiはニコニコ動画のマスコットキャラクターでもある「テレビちゃん」の“ぬいぐるみ”、CHISAは“ガチャガチャのカプセルを入れるゴミ箱”(非売品)と“Tシャツ”を、LiNは“ニコニコショップの店長”(非売品)と、“キーホルダー”をセレクト。非売品以外は、当日生放送を見ているユーザーにサインを入れてプレゼントされる。 続いて、イベントスペースにてユナイトのLiN、カメレオのTakeshi、DIVの将吾が、ホラーゲームのゲーム実況に挑戦。「ただ実況するのもいいけど、せっかくなので」という茸氏の提案から、NGワードを設けて行なうことになった。「パソコンのホラーゲームって初めてやるけど面白いかも」と冷静にゲームを楽しむ将吾、「危なーい! 逃げてー! あ、これボス!?」と叫びまくるTakeshi、そして「もう無理〜。誰か変わって〜」と楽屋にいるメンバーに助けを求めにいくLiNと、三者三様のリアクションを見せる。そんな3人がプレイしている画面を、3人と同じように怖がりながら見ている観客を、楽屋に控えている出演者がイベントスペースのドアを何度も力強く叩いて脅かし、会場にいる全員がひたすらビビりまくってゲーム終了(ちなみに、ドアを叩いていた犯人はDIVのちょびでした)。結果、LiNが1敗、Takeshiが2敗ということで、罰ゲームとして“すっぱ水”を飲まされていた。 第2部は「あのニコラジを裏実況!」。月〜金の19時から池袋ニコニコ本社サテライトスタジオ「ニコぶくろ」で生放送されている「ニコラジ」に、ユナイトの結と莎奈、カメレオのHIKARU.とKouichi、DIVのCHISAとちょびが出演。先ほどゲーム実況をしていたLiN、Takeshi、将吾の3人が、イベントスペースでメンバーが出演している映像をモニタリングしながら実況するという企画を行なった。ニコニコ本社初となる試みに「難しいね……」と3人は大苦戦。そんなところに、第1部の司会進行を務めた茸氏が再び登場すると、ホッとした3人は、バンドの裏話や最近のちょっとした悩みなど、裏実況ならではのエピソードで盛り上がり始めた。また、裏実況側で本放送をジャックしようという提案がされ、視聴者に「“ニコラジ”の方に<デンジャー>とコメントしてください!」とお願いした瞬間、ものすごい勢いで大量のコメントが流れ始め、見事ジャック成功。全員が大爆笑する中、第2部終了となった。 そして、第3部は「DANGER fes 2014開催記念!ユナイト×カメレオ×DIV 池袋ニコニコ本社ジャック特番」。カメレオ・Kouichiの司会進行で、12月22日に行なわれる「DANGER fes 2014」の詳細が続々と発表されていったのだが、まず、「DANGER fes 2014 – Christmas Battle -」だった当初のイベントタイトルを、「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」に変更すると宣言。これは、各ボヴォーカル3人が食事をした際に「バトルというよりは、みんなで一丸となってイベントを作り上げていく方がいいんじゃないか?」という話になったのがキッカケだったそうだ。そんなパーティーを盛り上げるべく、出演バンド3組が“自分達以外の出演バンド”の楽曲をカバヴァーすることを発表。くじ引きの結果、ライヴ当日はユナイトはDIVの、カメレオはユナイトの、DIVはカメレオのカバヴァーを披露することになった。 また、当日の出演順もくじ引きで決め、各バンドのヴォーカルを軸にしたセッションを行なうことも発表。こちらのメンバーもくじ引きで決めることとなったのだが、じゃんけんに勝ったHIKARU.のセッションバンドのみ、参加メンバーを発表することに。くじ引きの結果、ボヴォーカル:HIKARU.(カメレオ)、ギター:椎名未緒(ユナイト)、ギター:将吾(DIV)、Ba:ハク(ユナイト)、Dr.:satoshi(DIV)に決定(ちなみに、会場に遊びに来ていた椎名未緒は、“HIKARU.がボヴォーカルで大丈夫?”というKouichiからの質問に、手で大きくキレイなバツの字を作っていた・笑)。CHISAと結のセッションバンドのメンバーは当日までのお楽しみとなるが、「カッコいいバンドかは分からないけど、面白いバンドにはなるかも(CHISA)」「組み合わせが予想外すぎて、どうなるか分からない……(結)」とコメント。最後に各々がライヴ当日の意気込みを語り、約3時間半に及ぶイベントを終えた。 「DANGER fes 2014 – Christmas Battle -」改め、「DANGER fes 2014 – Christmas Party -」は、11月22日(土)朝10時からチケットの一般発売がスタート。詳細はイベント特設ページにてチェックしていただきたい。ニコニコ本社ジャックで、お互いの距離をグッと縮めた3組。きっとライヴ当日は、我々の想像を超えるぐらいハッピーで、賑やかなクリスマスパーティになるだろう。 【V系記事一覧はクリック!】・ユナイト楽曲多数!今すぐ聞くクリック!・カメレオの曲買うならドワンゴで!・DIV新曲チェックはクリック!