℃-uteが横アリへ本気モード!キラー曲連発で圧巻パフォーマンス
念願の横浜アリーナ公演を来年控える℃-uteが恵比寿・LIQUIDROOMで開催された「TOWER RECORDS 35th ANNIVERSARY EBISU 6DAYS DAY.4~POP’nアイドル03~」へ出演した。 さくら学院、武藤彩未、Dorothy Little Happyと共に対バンという形で登場した℃-ute。対バンは久しぶりということで、少々メンバーにも緊張がみられたが…『都会っ子 純情』から始まったLIVEは『アダムとイブのジレンマ』へと繋がり新曲である『I miss you』『THE FUTURE』を続けて披露。特に『I miss you』は三重に重なっていくボーカルが難易度の高い楽曲ながら、歌唱、振り付け共にきっちりと仕上げてくる。 MCでも、雨女として有名な矢島舞美がこの日のLIVEもまさかの雨を降らすという珍事を起こし、また岡井千聖は他の共演者を引き合いに出し「みんな若すぎて、こんな時が来るとは思っていなかったんですよ。私たちも若さを忘れずに皆さんと一緒に楽しんでいけたらいいなとおもいます」と自虐ネタでしっかりと笑いをとった。 2015年6月11日には18000人以上のキャパを誇る横浜アリーナ公演を控え、残り半年でファンの拡大を狙う℃-ute。この日も、岡井千聖、鈴木愛理のWボーカルが圧倒的な声量と安定した歌声を聞かせ、他のアイドルファンもグイグイと引き込んでいく。また、ステージで目を引いたのが中島早貴の姿。どの曲でも全力、小さな体を目一杯使ってダンスする姿は見ているこちらもワクワクするほどの素晴らしいパフォーマンス。各メンバーが高水準のパフォーマンスを披露する℃-uteの中でも、今後、間違いなくチームを引っ張っていく存在となりそうだ。 この日、対バンということを意識したのかセットリストも、『悲しきヘブン(Single Version)』の後は、『ベーグルにハム&チーズ』『世界一HAPPYな女の子』『大きな愛でもてなして』『Kiss me 愛してる』『ザ☆トレジャーボックス』『いざ、進め!Steady go!』と最近のクールで大人っぽい楽曲が多かった℃-uteらしからぬ可愛らしいアイドルソング連発で攻めてきた。そして極めつけは『Danceでバコーン!』『JUMP(2012神聖なるver.)』。棒立ちで観戦していた他のアイドルファンも、最後には一緒になって拳を突き上げタオルを回していた。 国内でも最強とも言われるパフォーマンスを誇る℃-ute。横浜アリーナ公演に向け着実にファンを拡大する準備は整っているようだ。まだまだ、彼女たちの進化は止まらなそうだ。(Photo by 埼玉泰史) 【℃-ute記事一覧はクリック!】・℃-uteフェス「限定」アルバムクリック!最新曲も!公式Twitter出来ました!ハロプロ情報なら!フォローを→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");