Linked Horizon「紅蓮の座標」が早くもカラオケに登場
Linked Horizonが新たに手掛けた劇場版「進撃の巨人[前期]~紅蓮の弓矢~」の主題歌『紅蓮の座標』(11月22日配信限定リリース)が、いち早く通信カラオケDAMに登場することが明らかになった。 11月23日から順次ビッグエコー5店舗において開設される、劇場版「進撃の巨人」とのコラボルーム内のプロジェクターでいち早く視聴でき、 その後全国の通信カラオケDAM(LIVE DAM及びPremier DAM限定)に12月7日より配信となる。 11月23日より順次開設する「進撃の巨人」ルームでは、カラオケの為に編集されたTVアニメ「進撃の巨人」の疾走感溢れる映像に合わせて流 れる『紅蓮の座標[劇場版Size]』をいち早く歌えると同時に、劇場版「進撃の巨人[後編]~自由の翼~」特報映像を含む3種類の映像をプロジェクターで壁に特大サイズ で映し出し大音量で楽しめる。 壁面に大きく投影された映像が強烈なインパクトを与え、アニメの世界観を演出。また、主人公エレン・イェーガー をはじめとする調査兵団の面々や超大型巨人がルーム内にダイナミックにレイアウトされており、まるでストーリーの中に入り込んだかのような感 覚を味わうことができるという。“「進撃の巨人」ワールド”を醸し出すインテリアは一見の価値あり。 配信開始前日でも未だ全貌が明らかになっていない主題歌『紅蓮の座標 [劇場版Size]』だが、Linked Horizon主宰のRevoは某雑誌のインタビューで、今回の楽曲はTVアニメシリーズのオープニング主題歌として大ヒットした「『紅蓮の弓矢』のアンサーソングのつもりでつくった」と語っている。 楽曲に込めたスピリットは変わらないまま、映画版の主題歌として劇場で流れるに相応しいスケール感で作られたと言うこの『紅蓮の座標 [劇場版Size]』のカラオケは、『紅蓮の弓矢[TVサイズver.]』と同様に歌詞テロップの表記が無いという。 音楽的な楽曲へのこだわりだけでな く、言葉の選び方、歌詞の表記、ジャケット等、その楽曲に関わる全ての要素を隅々に渡りこだわり、ひとつの世界を描く手法で楽曲を創り上げる Linked Horizonにとって、歌詞テロップを出さない理由というのがあるのだろう。11月22日より配信開始になる『紅蓮の座標 [劇場版Size]』を聴きこみ、誰よりも早くカラオケDAMでぜひ歌ってみて欲しい。 ☆Linked Horizon名義のあの曲はこちらへ!