吉井和哉古巣へ復帰、第1弾シングル来年1月リリース
今週、キャリア初のカヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』をリリースする吉井和哉。 その入荷日である18日、今回のカヴァーアルバムの発売元でもある日本コロムビア内のTRIADレーベルに正式移籍することを発表した。今回のTRIAD移籍第1弾となる作品は、ソロ活動として通算13枚目となるシングル作品となり、来年1月28日に発売されることになる。 TRIADレーベルは、1981年5月、制作スタッフをレコード会社外から積極的に起用、自由で個性的な制作集団を目指し、日本コロムビア内のレーベルとして発足した。 90年代はTHE YELLOW MONKEY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTをはじめ数多くの優れたロックバンドが所属し、日本有数のロックレーベルとして音楽ファンから高い支持を得ていたが、2007年以降は実質上の休眠状態となっていた。 この度、吉井和哉の移籍を契機に、7年ぶりのレーベル復活を果たすことになった。 吉井和哉にとって、THE YELLOW MONKEY時代の1996年にレーベルを移籍して以来、まさに18年ぶりとなる「TRIAD復帰」となる。TRIADレーベルとしてはこの18年ぶりの復帰を祝うべく、1/28発売の移籍第1弾シングルにて「Welcome back to TRIAD」と題した一大キャンペーンを実施する予定だ。 現在、キャンペーンの具体的な内容は明らかにされていないが、来週11月25日から企画がスタートするとのことなので、本日公開されたTRIAD吉井和哉特設ページを是非チェックしてみよう。 さらに、今週金曜日の22:00より、「吉井和哉のオールナイトニッポンGOLD」が生放送でオンエアされることも決定した。この番組では、カヴァーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』発売を記念し、オールナイトニッポンに8年ぶりに吉井和哉が生出演し、カヴァーアルバムからの楽曲オンエア、本人セレクトによる昭和歌謡の名曲等を、生放送スタジオに用意したアナログプレイヤーにてOAしていくというスタイルを取る。 今回のカヴァーアルバムについて、また発表されたばかりの移籍第1弾シングルについて、本人が生で語る場所はまさにここだけとなる。リスナーからの質問コーナーやクイズなど盛り沢山で放送の予定なので、こちらも是非チェックしてみよう。 吉井和哉ソロデビューからの楽曲揃えました