タワー35周年イベント「EBISU 6DAYS」初日、<踊るロック>開催
79年のタワーレコード日本上陸以降、タワーを支えてきたファンへの35年間の感謝と共に、音楽やアーティストの持つ魅力をライヴという形で改めて伝えるアニヴァーサリー・ライヴ企画<TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS>。 タワーが展開するキャンペーン/イヴェント/フリーマガジンを各イヴェントのタイトルに冠し、11月17日から22日までの6日間連続で恵比寿・LIQUIDROOMにて開催される同企画がスタートした。本日はその記念すべき初日となる<DAY.1~踊るロック~>の模様を緊急レポート。 <EBISU 6DAYS>の初日を飾る<踊るロック>は、注目のダンス/ロック系アーティストを紹介し続けるタワーの名物企画。ロックやダンスに限らず、EDM~ヒップホップなどあらゆるジャンルのクロスオーヴァー・サウンドをピックアップしてきた<踊るロック>ならではのラインナップとなった。 開場されたフロアをたくさんのロック愛で満たしたのは、DJとして全国のフェスやイヴェントをロックしまくっているダイノジの大谷ノブ彦。日に日に肌寒くなる季節にぴったりな七尾旅人『どんどん季節は流れて』でメロウなスタートを切ると、のっけからきのこ帝国『東京』からくるり『東京』へ繋ぐニクい選曲。 客席で一際存在感を放つフレディー・マーキューリー似の吉本興業の後輩芸人、スベリー・マキューリーと驚異の(?)の女芸人、キャン・ティンコのアジテーション(ダンス?)が俄然ライヴの期待を膨らませる! 「一発目からマックスで行こう!」 大谷が会場を暖める……以上の盛り上がりを演出するなか、ライヴ・アクトのトップバッターである神戸発の4人組バンド、フレデリックが登場。先ほどのDJタイムでも回っていたXTCばりのねじれたポップ・センスとニューウェイヴのエッセンスがマッチする『SPAM生活』を皮切りに、キレ味鋭いカッティングと耳に残るサビメロの『ディスコプール』、変則的なリフと四つ打ちの快楽性を見事にミックスした『ふしだらフラミンゴ』と連続で演奏。ハーモニーが美しい『峠の幽霊』、ゴリッとしたディスコ・ファンク「プロレスごっこのフラフープ』などの緩急をつけたセットでバンドの魅力を万遍なくアピールし、ラストの”オドル―プ”まで怒涛の勢いでステージを駆け抜けていった。 続いて、京都で結成された4ピース・バンド、夜の本気ダンスが登場。ガレージロッキンなギターリフとダンス・ビートの中毒性でオーディエンスを躍らせる「WHERE?』「B!tch』の波状攻撃から容赦ナシ! 「踊る準備はできてますか!?」の合図で放たれた『avlillo』はラプチャーあたりのディスコ・パンクに通ずるグルーヴで、続く『Only Nineteen』も初期のアークティック・モンキーズを想わせたりと、アンサンブルの多彩さが印象的。続く『fuckin’ so tired』ではフロントマンの米田貴紀がフロアに降りてオーディエンスと一緒に踊りながら歌うまさに<踊るロック>な場面も! “オドル―プ”まで、ひたすらテンションを上昇させ続けるステージだった。 後半戦となる3組目は、いつか(MC)とゴンチ(DJ)の現役会社員2人によるエレクトロ・ヒップホップ・ユニット、Charisma.comからスタート。彼女たちの存在を知らしめるきっかけの一つとなった人気曲『GEORGE』で観客のハートをガッチリつかみ、EDMや2ステップを呑み込むアゲに特化したトラックと華のあるステージ・パフォーマンスで魅せていく。BPMを落とした『スーパーガール』をはじめラップ・スキルもしっかり見せつけつつ、ジャングルとバイリ・ファンキをミックスしたような『LOOKER』からキラー・トラック『HATE』『イイナヅケブルー』へと続く怒涛の畳み掛けはCharisma.comならではのエンターテイメントで強烈の一言。 時間を追うごとにどんどん一体感を増していった大谷のDJの熱気を受けて<踊るロック>のトリとして堂々と登場したのは、レペゼン熊本のヒップホップ・ユニット、餓鬼レンジャー。会場の熱に応えるように1曲目からクラシック『MONKEY 4』を投下するや、ダンサーのタコ神様をフィーチャーした『TACO DANCE』はじめ、見どころ満載のステージングを展開。過去にトリを務めたイヴェントでの苦い思い出を披露しながら、それを糧にしてきた彼らのモチベーションの高さも感じさる『まずは空手チョップ』など、いい意味で来年で結成20周年というキャリアの長さをまったく感じさせないフレッシュな魅力が爆発。YOSHIとポチョムキンの2MCによるコミカルだがキメるときはキメる安定感抜群のラップ、GPが繰り出すチャーンナップされトラックは本編最後の『GO GO 浄土』までキレッキレだった。サイファーのりのヒューマン・ビートボックス&ラップから突したアンコール『HOOD WORK(HBB Mix)』『おてもやんサンバ』で<踊るロック>は見事な大団円を迎えた。