AKB48小嶋陽菜「生まれて初めて中野区」へ
AKB48全国ツアー2014「あなたがいてくれるから。~残り27都道府県で会いましょう~」東京公演が、中野サンプラザホールで開催された。 今回はチームAが公演を務める中、東京出身者も多かったが中野サンプラザは初というメンバーが多い。そんな中で、小嶋陽菜は「中野区に初めて来たんですよ。念のため、【中野 こじはる】で調べたら特に何もなくて、中野のメイドカフェが出てきてそこにこじはるちゃんってメイドがいる」と中野に今まで来たことがなかったと発表。独特なこじはる節に早くも会場はヒートアップ。島崎遥香もそっけないMCで、さすがの塩対応ぶりを披露するなど、初っ端からファンを楽しませた。 LIVEは怒涛のシングル曲、そして渡り廊下走り隊などのユニット曲やソロ曲、松井咲子のピアノ演奏など盛りだくさん。NMB48『HA!』やSKE48『片想いFinally』、HKT48『メロンジュース』など他グループの曲もパフォーマンスし中野サンプラザが揺れた。 ここ最近では、ドームクラスの公演も多いAKB48。今回は、中野サンプラザで2000人規模の大きさだが、しっかりと熱量の高いLIVEパフォーマンスを披露し魅了した。ここ最近ではHKT48が指原莉乃プロデュースでLIVEが非常に高い評価を得ている中で、AKB48の今回の全国ツアーでも同じ勢いを各メンバーから感じた。高橋みなみ、小嶋陽菜、島崎遥香と主要メンバーがどうしても目立つ中で、武藤十夢や藤田奈那、中西智代梨などが目を引くパフォーマンス(中西はMCでも)を披露した。渡辺麻友が総選挙で1位を取り、「原点回帰」を匂わす発言をしていたが、まさにLIVEが魅力のAKB48を魅せつけられる全国ツアーとなっている。若手の頑張りで、ますますAKB48が面白くなりそうだ。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】