MONKEY MAJIK初の武道館、タケカワユキヒデと土屋アンナも参加
デビュー15周年を迎えるMONKEY MAJIKが行う初の武道館公演の追加ゲストとして、タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)と土屋アンナが出演する事が発表された。 タケカワユキヒデとは2007年にゴダイゴの楽曲『MONKEY MAGIC』と『ガンダーラ』をカヴァーした際、TV番組で共演したことで当時話題を呼んだが、ライブでの共演は何と今回が初めてになりファンにとっては嬉しい発表となった。 「モンキーマジックを名前にしたバンドがいるという噂は、彼らがヒットを出す前から聞いていました。でも、こんなに、すてきなバンドだったとは、本当に、びっくり。何年か前、テレビ番組で共演した時ブレイズさんに「タケカワさん、やっと会えた」と言われたのが印象的です。15周年の記念ライブで、また、一緒に歌うなんて 、最高ですね」と、タケカワユキヒデはコメントを寄せた。 また、土屋アンナとは2008年に「土屋アンナfeat MONKEY MAJIK」名義で『GINGER』をリリース。こちらもまたライブでの初共演となる。 自身初の武道館公演「MONKEY MAJIK Live at BUDOKAN -15th Anniversary-」にはSEAMO、タケカワユキヒデ(ゴダイゴ)、土屋アンナ、VERBAL(m-flo)、吉田兄弟といった錚々たるゲストミュージシャンが集結。9枚目となるオリジナル・Newアルバム『Colour by Number』(2015年2月4日発売)はもちろん、これまでのヒット曲を惜しみなく披露するなど、15年の歴史がこの日に集約される。 15周年の最初を飾る武道館LIVEはメンバー、ファンにとっても最高の1日になるだろう。2015年からのMONKEY MAJIKの活動にも大いに期待が高まる。 【MONKY MAJIKその他の写真はクリック】☆MONKEY MAJIK楽曲はクリック!