東京女子流アジア進出が活発化
メンバー全員が上京し、高校となった「東京女子流」は4年半前の結成当初のコンセプト通り、今年はいよいよ海外での活動も活発化させる。 2014年は、1月台湾からスタート。6月からは一気に増え、香港、7月サンフランシスコ、9月ベトナム、10月タイと海外でのパフォーマンスが続き、12月10日にリリースのシングルには、東京女子流の代表曲でもある「ヒマワリと星屑」のEnglish Versionが収録。そのMVが公開されたが、7月サンフランシスコで出演したJ-POP SUMMITのライブの模様がつかわれており、海外での様子が見られる。 そんな東京女子流だが、一気に台湾に進出か?!来週末と1月と2回も台湾にてパフォーマンスをするイベントが発表され、台湾やその周辺アジア各国ファンを歓喜させている。一つは、来週末、開催の「SUPER G!RLS EXPO -最強美少女博覧会-」に2日間ライブ出演が決定。こちらは、モデル・スタイリスト・アーティスト・芸人・有名シェフなどが出演するイベント。東京女子流はアーティストとして出演する。来年の1月は、「KAWAII POP FES by @JAM×J-GIRL POP WAVE」というアジアでも実績ある日本のカルチャーをライブステージで伝えていく女性アーティストのイベントで、東京女子流は3回目の出演となる。 東京女子流関連ニュース写真はクリック☆東京女子流ラインナップ!クリック!