あやまんJAPAN新曲発表「年忘れにっぽんの歌」狙う?
六本木のご当地アイドルとして名を馳せるあやまんJAPANが3年ぶりに新曲をリリース。発表会を六本木・バーレスクTOKYOで行われた。 発表会の場所も、プロモーションビデオの撮影として使用した、今一番熱いナイトスポット「バーレスクTOKYO」が再び選ばれた。 バーレスクダンサーによるセクシーなダンスの後、あやまんJAPANが着物風のコスチュームに角隠しのスタイルで登場、新曲『DDD~どこでも誰でも大丈夫~』を披露した。 「今回は日本を盛り上げる。日本人のいろんなところを盛り上げる!シモ半期はこれで決まりです!」と早速あやまん監督お決まりの下ネタが炸裂。 当然時期的に紅白を狙うはずのメンバーだが、ルーキタエは「当然大晦日は空けてますが、「年忘れにっぽんの歌」に出たいなと(笑)。」と仰天発言が飛び出した。 当日は『DDD~どこでも誰でも大丈夫~』の作曲を手掛けた山崎燿も駆け付けた。山崎といえばAKB48『ヘビーローテーション』を担当した売れっ子作家。 あやまん監督らは「もちろん枕営業でしょ。」と笑わせたが、山崎は「相談があったその日に監督と六本木に繰り出して、彼女は盛り上げるプロですから、どんどん酒が進んで…翌朝監督から「昨夜言った作曲お願いしますね。」て言われて(笑)と、半ば監督の巧妙な手口に乗せられた感じだったようだ。 実際のレコーディングについては「がっつり真剣に話し合い、とことん時間をかけました。今日よく間に合ったなと思うくらいです。監督が最後の最後まで歌い直したいとか言って、ちょっとしたアーティストよりわがままでした。」と暴露、会場を沸かせた。 さらに振付は『恋するフォーチュン・クッキー』を担当したパパイヤ鈴木。メンバーは「山崎先生が作曲、パパイヤさんが振付となれば、わたしたちほぼほぼAKBグループよね。」と口々にアピールした。 日本を元気にする史上最強の飲みアゲSONG『DDD~どこでも誰でも大丈夫~』、新生あやまんJAPANは、かの「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぴー」で一世風靡したあのお祭り騒ぎ以来のヒットを果たし「年忘れ、にっぽんの歌」で出ることが叶うか?本日配信開始のこの新曲に期待だ。 ☆あやまんJAPAN高音質!ドワンゴジェイピーで!クリック