宇多田ヒカル ソングカバーアルバム、参加アーティスト発表
先日発売が発表され、その内容について、早くも各方面で話題の宇多田ヒカルデビュー15周年記念企画ソングカバー・アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』 本アルバムのコンセプトは、自らがソングライターとして第一線で活躍しているアーティストに限定して、自由に宇多田ヒカルの楽曲を表現してもらおうというもの。その個性あふれる13組の参加アーティストがついに発表された。 <参加アーティスト 50音順/敬称略>AI井上陽水大橋トリオ岡村靖幸加藤ミリヤKIRINJI椎名林檎Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Brysontofubeats with BONNIE PINKハナレグミ浜崎あゆみ吉井和哉LOVE PSYCHEDELICO これらの参加アーティストについて、このアルバムの企画者でもあるユニバーサルミュージック VirginRecordsの制作A&R沖田英宣は下記のようにコメント。・「その人にしか作ることのできない音楽を創造し続けている方々に参加していただきました。その音楽家が放つオリジナルなスタイルがなければ、まるで二重露光の写真のように宇多田ヒカルのうたと重なりあうことはないと思っていたからです。光栄にも13組の素晴らしい音楽家に参加していただくことが叶いました。このアルバムは音楽家たちの自由な創造力が満ち溢れながら、その創造力を触発する宇多田ヒカルのうたに秘められた「何か」が重なりあった瞬間の記録です。音楽とは新たな視点に気付かせ、それを誰かに伝えたくなるという力を持っています。これは宇多田ヒカルのトリビュートアルバムではなく、「宇多田ヒカルのうた」をシェアするアルバムです。参加していただいたすべての音楽家の作品から、音楽を創造することは限りある人生を捧げるに値するということを、そして宇多田ヒカルという作家から、音楽を聴くことは限りある人生を美しく彩るもっとも簡単な方法のひとつであるということを、あらためて感じていただけたならこれ以上の喜びはありません」 なお、収録楽曲は後日発表予定だ。