日韓中から集まったアジアグローバルユニット「CROSS GENE」活動本格化
日、韓、中の3ヶ国から集まったメンバー6人で構成されたアジアグローバルユニットCROSS GENEが韓国でのカムバック第2弾デジタルシングル『オリョド ナムジャヤ』を11月10日に全世界にむけて配信した。 今作『オリョド ナムジャヤ』のキーワード“幼いけど男”。愛に傷ついた年上の女性に対し、幼い年下だけど、大人として振る舞う男の姿と愛が見事に表現された歌詞の世界観。楽曲的には、ミディアムテンポのヒップホップ曲で、アコースティック且つグルーヴの強いドラムサウンドと、一度聞いたら忘れられないギターラインの調和が魅力となっている。 また、今回の全世界配信に併せてミュージックビデオも公開されている。 現在、日本人メンバーのTAKUYAが韓国のバラエティー番組「非正常会談」(JTBC)で活躍をしており、さらに韓国内でもCROSS GENEに注目が集まること間違いない。 また日本での活動についても新情報が発表された。既に発表されていた1月発売の日本カムバックシングル『Future』のリリース詳細が明らかになった。このシングルをもって日本でも12月~1月にかけて発売イベントが予定されており、韓国にあわせて日本でも彼らの活躍を目の当たりに出来る日も近く目が離せない。