JAMOSA主催のフリマ開催、収益金は動物保護団体へ
本格実力派R&BシンガーJAMOSAの主催する今年で3回目となるフリーマーケッ【ECODIVA】が27 CRAZY FORCE渋谷店で開催された。 本イベントは、ECODIVAメンバーが自ら私物を販売し、収益金は犬の殺処分ゼロを目指す<ONE LOVE>プロジェクトを通じ、動物保護団体へ全額寄付される。 当日会場では、洋服・バッグ・アクセサリーなどが並べられ、値段は気持ち~という下限金額から販売された。 主催のJAMOSAを始めとする今回の参加メンバー、MARY JANE、藤田志保、RIN RIN、中川友里、NAZUKIらも、一緒にイベントを通じて、少しでも殺処分を減らせるよう呼びかけ、会場を盛り上げた。 JAMOSAは、プライベートでも幼い頃から愛犬と一緒に暮らしており、9月24日にリリースされた自身のアルバム『LOVE AIN’T EASY』の収録楽曲『ENDLESS LOVE』では、犬(ペット)の愛を綴った。 同曲の歌詞は、犬目線からの気持ちをのせており、「僕は君といて幸せだったから 涙流さないで 足跡が消えても MY ENDLESS LOVE」「僕は君よりも長く生きれない 信じて ずっとずっと きみを覚えているよ MY ENDLESS LOVE」家族への変わらぬ愛と感謝の気持ちを歌っている。 実際に愛犬との別れを乗り越えてきた彼女だからこそ伝えられる“愛の残像”が感じられる。生きていればいつかは訪れてしまう別れを“さようなら”の涙ではなく、「ありがとう」の笑顔で贈れるように、動物を家族に持つ人には、是非お勧めしたい1枚である。 他、同曲が収録されているアルバム『LOVE AIN’T EASY』には、“簡単ではない愛”をテーマにした全11曲の様々な愛の形が詰められている。長いステージキャリアで見てきた、女性シンガーJAMOSAならではの、ある意味彼女の半生を切り取ったような愛の作品集。合わせてチェックしておきたい。