特撮シンガー高橋秀幸、ワンマンライブ「たかぱす感謝祭・秋」開催
『炎神戦隊ゴーオンジャー』で華々しくデビューした特撮シンガーの高橋秀幸が、大胆にもファン達の前で生着替えも行ったパーティー“たかぱす感謝祭”を「秋の大総力祭」として開催する。 高橋秀幸と言えば、「炎神戦隊ゴーオンジャー」の主題歌『炎神戦隊ゴーオンジャー』や「特命戦隊ゴーバスターズ」のオープニングテーマ『バスターズ レディーゴー!』などの戦隊ソングを歌う特ソンシンガーとして、「探検ドリランド -1000年の真宝-」の主題歌『Go ahead!』『Go ahead! ~SSR~』などアニソンシンガーとして、さらにはオリジナル童謡『パパに、ついてこい!』『イクメン一週間』のプロデュース、子供情報番組「キッズ劇場ピース」では歌のお兄さんとしてレギュラー出演中など、多彩な顔を持つシンガー。 彼が、11月22日(土)のお昼から銀座パセラの一角にあるガムランボール・ラウンジを舞台に、ディナーショーならぬランチショーとして「たかぱす感謝祭-Birth 02-秋の大総力祭」と題したワンマン・コンサートを開催する。 この日は、ファン垂涎の人気コーナー「(仮)新・生着替え」や「(仮)今聴きたい!何でもリクエスト」など、いろんな企画を用意。チケットの一般発売は、11月8日(土)の13時からスタート。そのライブを楽しむためのポイントを、高橋秀幸の言葉を借りて、幾つか紹介したい。 「たかぱす感謝祭-Birth 02-秋の大総力祭」を楽しむための5つのポイント!! ★ポイントその1・「(仮)新・生着替え…ベスト3」 春に行った生誕祭のときに、ステージ前に大きな白い幕を張り、後ろからライトを当て、高橋秀幸の姿がシルエットとして映る形のもと、四着の歴代衣装をファンたちの前で生着替えを行った。高橋秀幸いわく、「会場中の人たちが「徹子の部屋」の♪ルールルルルルルールル♪というテーマ曲をズッと歌いながら、着替えるたびに熱狂していたように、お客さんたちは異様に盛り上がってくれました」という反響の高さを受け、今回は更に進化した「新・生着替え」を実施する。 「今回は、ファンの方たちのリクエストの高い格好をしようと思います。先にファンクラブサイト「たかぱすファミリー」で幾つかコスプレ衣装候補を出し、その中でリクエストの多かったトップ3を、ランキングを発表する形で披露するのも良いのかな??と考えています。 「ファン掲示板」では「「進撃の巨人」のリヴァイ兵長をやったら格好いいんじゃないか??」「「セーラームーンのタキシード仮面の格好を見てみたい」という声も上がっていれば、中には「セーラームーンの格好をして欲しい」…つまり、女装姿を見たいという声までありますからね。リクエストが高ければ、女装姿も…OKですよ(笑)。」 ★ポイントその2・「リクエスト曲の歌唱…ファンとのデュエットもOK」 会場となるガムランボール・ラウンジは、銀座にあるカラオケ店パセラの中にあるイベント・スペース。カラオケ設備も充実していることから、ファンたちからリクエストのあった楽曲を、高橋秀幸がその場で歌唱。 「ここの会場はカラオケ設備がすごく充実していますから、「その場でファンの人からリクエストのあった楽曲を僕が歌おう」と思っています。リクエストは、アニソンや特撮ソングに限らず、ポップスや歌謡曲でも何でもOKです。「一緒にデュエットしたい」という声があれば、応じる気持ちでいます。むしろ、それがリクエストしてくださった方の素敵な想い出になるのなら、喜んでデュエットしますから」 ★ポイントその3・「ランチをしながらのファンミーティング&ライブ…たかぱす特製カクテルも」 今回のイベントのテーマは、「ファンミーティング+ディナーショー」。ただし、高橋秀幸の場合、歌のお兄さんとしての支持も高いように、小さいお子さんのファンも多い。また、地方から駆けつけてくれるファンの方も多々いることから、ディナーショー形式を取った「ランチパーティ」という形で開催。 「今回は「食事をしながらのファンミーティングと盛り上がれるアニソンや特撮ソングのライブ」を掛け合わせた形にしてみました。しかも、イタリアンを中心とした食事も用意。さらに、「たかぱす特製カクテル」もノンアルコール/アルコール入りで作ります。イメージとしてはディナーショー形式なんですけど。僕のファンの場合、小さなお子さんも多いことや、地方から足を運んでくださる方々もいることから、みなさんが余裕を持って帰路へつけるようにと、ここガムランボール・ラウンジでのランチショーという形を取らせていただきました。 椅子に座り、ゆったり食事を楽しみながら観ていただきつつ。もちろん、熱狂したいときは立ち上がって騒いでいただいて全然問題ないです。終わっても興奮覚めない方は、そのまま同じパセラ館内のカラオケで歌っていただくのも楽しみ方だと思います」 ★ポイントその4・「ライブで熱狂…アコースティックなスタイルも」 ライブは、ランチを食べながら座って楽しむも、立ち上がって熱狂するも良し。今回は、アコースティックなスタイルも登場。どんな楽曲を、どんな形で披露するのか、楽しみにしていて欲しい。 「アニソンや特撮ソング、歌のお兄さんとしての曲はもちろん、これまで歌ったことのない楽曲も今回は披露しようかな?と計画中です。中では、ピアノを弾いていただき、アコースティックなスタイルでの演奏も届けたりなど、楽しんでいただけたらなと思っています。まさに大盤振る舞いな「秋の大総力祭」になりそうです」 ★ポイントその5・「アフターパーティー…高橋秀幸との撮影会や2ショット・トークも」 「たかぱす感謝祭」と名付けたイベントの場合、同感謝祭が終わったあとに、参加希望者たちと一緒に、ラフな感覚での記念撮影や、直接会話することも可能な「アフターパーティー」を開催している。その日のライブの感想を語り合うでも、普段思っていることを伝えるでも、良し。高橋秀幸に、あなたのいろんな想いを直接届けられるのが「アフターパーティー」の魅力。 「こちらでは、ファンの方々と撮影会を行ったり、ファンの方のテーブルをまわりながら、みなさんといろんな会話を交わしていけたらなと思っています。 僕のファンサイトでもある「たかぱすファミリー」にも、ファンの方が送ってくれたファンレターに僕が直接返事を書きながらやり取りしてゆく「ファンレター機能」があるんですけど、そのリアル版を「アフターパーティー」では出来たらなと思っています」 他にも、趣向を凝らしたグッズの販売など、いろんな楽しみ方を用意しているので、ぜひ、足を運んでいただきたい。 「たかぱす感謝祭」は、他のシンガーの方々はやらないようなことをやっていく”お祭り”の会。みなさんをがっかりさせることは絶対にないので、期待に胸を膨らませ、会場に足を運んでくれたら嬉しいです。そして今回も、「生着替え」で♪ルールルルルルルールル♪の大合唱を聞かせてください。僕もセーラームーンの格好を…やるかは、みなさん次第ですから(笑)」 先に高橋秀幸自身も語っていたが、昼に開催なので、地方から足を運ぶ方やお子さん連れの方でも、十分余裕を持って帰路につけるように、ご安心を。もちろん、さらに盛り上がろうと、そのまま仲間と同店舗内で三次会のカラオケに興じるのも、この日のイベントだからこその楽しみ方のコースということも最後に伝えておこう。TEXT:長澤智典