コブクロ新曲PVは目を閉じると再生、開けると停止
11月8日に配信スタートとなるコブクロの新曲『Twilight』のプロモーションビデオが完成した。 この楽曲は、新垣結衣主演映画「トワイライト ささらさや」の主題歌で、突如夫を失い生まれたばかりの息子と暮らすサヤ(新垣結衣)を、心配であの世へ行けずにいる亡き夫のユウタロウ(大泉洋)が、まわりからは一部の人間にしかその姿が〝見えない” 存在となりながら、いつもそばで2人を見守り、ピンチの時には他人に乗り移って助けていくというストーリー。 PV中に登場するコブクロ2人の姿をほぼ全編シルエットで表現する事により、「姿の見えないけれどもそばにいる」その温かみと切なさを表現。 更に、今回は世界初の〝見えないPV”「Invisible Music Video」として楽しむことのできる特設サイトも同時オープン。 目を閉じることで再生され、目をあけると再生がストップ。目で見るのではなく、心で見る新感覚のミュージックビデオ。目を閉じながら音楽を聴くことで、感覚を研ぎ澄まし、曲に没入して、それぞれの思い出や記憶から思い描いた想像の世界を楽しめる内容となっている。 デジタル化により音楽を「消費する」時代になってしまった今だからこそ、音楽を真剣に聞いてもらいたいという想いから、あえて目を閉じて楽しむ“見えないPV”が完成した。 なお、この「Invisible Music Video」は、今日本で最も注目を集めるデジタルクリエイティブカンパニー「BIRDMAN.inc」による製作。特設サイトでは、PCのWEBカメラでとらえた顔の表情を認識する「フェイストラッキング」技術が活用されており、見る人が目を閉じる動作を自動的に認識し、それに応じてミュージックビデオを再生する仕組みとなっている。 「Invisible Music Video」では、見る人の表情や動きから曲への没入度を測り、曲のどの部分で感動したかを表示しTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアとも連携しており、結果をシェアすることも可能だ。ぜひ体験してほしい。 ☆コブクロ名曲ラインナップ!【クリック】☆