チームしゃちほこ初のホールツアーついに開幕、MVチラ見せも
12月10日、indigo la End、ゲスの極み乙女。のフロントマンである川谷絵音氏が手掛けるニューシングル『シャンプーハット』をリリース。 彼女たちの初のホールツアー、その名も「ホールツアー2014~僕らのカラオケワンダーランド~」が11月2日の静岡公演(アクトシティ浜松 大ホール)で幕を開けた。会場内にカラオケスペースが設置され。思い思いにファンは盛り上り、ライブ本編前から会場は異様な熱気に包まれる。 定時を過ぎ、ステージに設置された白幕が落ちると、新衣装で勢いよくメンバーが登場、早くも12月10日発売となるニューシングル『シャンプーハット』を初披露。頭を洗うようなしぐさのキャッチーなダンスと、川谷氏によって作られた今までのしゃちほことは違うサウンドで会場を引き込むと、Base Ball Bare小出氏による『colors』からシングル3曲『いいくらし』、『首都移転計画』、『愛の地球祭』を立て続けに披露。 昨年末開催された「愛の地球祭り」以来となる『赤味噌Blood』、そしてアコースティック・バージョンとしてアレンジが大きく変わった『エンジョイ人生』では、「聴かせる」しゃちほこで観客は魅了。続いてルーレットで曲順を決める「僕らのワンダールーレット」なるコーナーでは、メンバーがボタンを押してどんな曲順になるかが分からない緊張感を楽しんだ。 ファーストアルバム『ひまつぶし』から『明け星』、そして最後は『抱きしめてアンセム』でこの日のホールツアーは幕を閉じた。 この日、アルバム『ひまつぶし』からは初披露の『アイド ンケア』を含めて10曲を披露。さらに12月10日リリースとなる『シャンプーハット』も初披露。ホールツアーはこの後11月15日さいたま文化センター 大ホール、11月30日大阪 オリックス劇場、そしてラストは12月14日に渋谷公会堂にて行われる。 またこの日『シャンプーハット』のジャケット写真が公開に。どこからともなく飛来してきたUFOのような大きなシャンプーハットが存在感を誇るこのCDは通常盤、初回限定名古屋盤の2種類でリリース。なお、表題曲である『シャンプーハット』の他、ファンにはおなじみ浅野尚志氏による新曲、そして『私がセンター』を手掛けた井上トモノリ氏が作詞作曲を、編曲には『よろしく人類』のyouth case氏が務めた『It’s New 世界』が収録される事も決定。そして「告知動画第二弾も公開に。こちらではMVと思われる映像が垣間見える内容になっている。 さらに初の武道館公演を収録した『しゃちサマ2014~神々の祭り~at日本武道館』のDVD/Blu-rayの収録曲も決定。秋本帆華が初めてのフライングにもチャレンジしたこの公演を全曲収録。 2015年1月3日に開催される「鯱詣」の予習にもバッチリの内容となっている。特典映像には「ドキュメンタリー・オブ・しゃちサマ2014at日本武道館」として、武道館に向けて駆け抜けた6人の物語がたっぷり約70分収められており、見ごたえ十分。LIVEでも特典映像でも泣ける作品となっている。 また、今回初収録として、推しメンをずっと見られる6分割映像を2曲収録。『明け星』で見せた6人のきらめく表情に注目だ。尚、この武道館DVDとBlu-rayの初回プレス盤には、封入特典としてメンバー2015年抱負メッセージ入り年賀状が全7種類のうち1枚ランダム封入される他、豪華44ページのスペシャルブックレットや特殊パッケージ仕様となっており、ぜひお早めにゲットして欲しい。ぜひお見逃しなく。 ☆チームしゃちほこ買うなら断然ドワンゴジェイピー!