SUPER JUNIOR東京ドーム公演、ファンからサプライズに涙
アジアでトップクラスの人気を誇るエンタテインメント・グループ、SUPER JUNIOR。 2008年2月に幕を上げたSUPER JUNIORの単独コンサート「SUPER SHOW」はこれまでに3度のアジアツアーと2度のワールドツアーを行い、全世界で計100回公演、累積観客数140万人を突破という大記録を更新中。 そんなSUPER JUNIORの集大成といえる「SUPER SHOW」の日本公演「SUPER SHOW 6 in TOKYO」が10月29.30日に東京ドームで開催された。 今回は兵役復帰後、約2年ぶりにSUPER JUNIORの活動を再開したリーダー、イトゥクの復帰後初となる日本公演となり、「2年間、この日を待っていましたし、みなさんも待っていてくれました。みなさんが2年間待ってくださった分、僕たちSUPER JUNIORは一生みなさんのそばにいます」とコメントし、観客を沸かせた。 公演終盤には、そんな彼らに応えるように、ファンからメンバーへのサプライズも行われ、5万5千人のファンからのプレゼントにメンバーが涙ぐむなど、ファンにとってもメンバーにとっても特別な公演となった。 また、12月17日にはSUPER JUNIORとして約1年ぶりとなる、待望の日本シングル『MAMACITA(AYAYA)』をリリース。韓国で約2年ぶりに発表し、チャート1位を記録した大ヒット曲『MAMACITA(AYAYA)』の日本語Verと日本オリジナルの新曲を収録する。 SUPER SHOW日本公演は、この後、大阪・京セラドーム3days、12月20日には福岡ヤフオクドームでの追加公演も決定しており、3会場合計で28万人を動員予定だ。今後も、SUPER JUNIORの快進撃が続いて行くに違いない。 ・K-POPニュース写真はクリック【クリック】SUPER JUNIOR楽曲