「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」にクリィミーマミ太田貴子登場
「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」が「tatsumi01/ニコニコミュニティ」へ引っ越し。毎月第二水曜日21時からの放送となった。 この番組は、「故きを温ねて、新しきを知る=温故知新」の意味通り、「当時のエピソードを混じえながら、古き良き時代のアニメやゲームのことを語ろう」という番組。今回から、放送チャンネルを「tatsumi01/ニコニコミュニティ」へ引っ越し、毎月第二水曜日21時からの1時間番組として放送がスタート。 第7回目となった10月8日(水)の放送には、「魔法の天使クリィミーマミ」のクリィミーマミ/森沢優を演じ、主題歌『デリケートに好きして』も担当。歌手/声優の太田貴子がゲストで登場した。 「アニタメニュース」では、11月8日(土)に吉祥寺スターパインズカフェにて二部構成で開催になる「たつみぜろわん祭り」の告知などを紹介。新たに設置された「辰巳出版コーナー」では、パーソナリティの3人が、それぞれ「今月のおすすめの1冊」を紹介。今回は初回ということで、数多くの本や雑誌を取り上げていた。 川村万梨阿が、猫好きにはたまらない「猫びより」「猫と歩けば」「ボブという名のストリート・キャット」を推薦すれば。宮路一昭は「パチスロ必勝本」「つり情報」と、仕事と趣味の両方を兼ねた本を紹介。鎌田美沙紀は、絵本「ダース・ヴェイダーとルーク(4才)」「ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア」など、沢山の本や雑誌を紹介していました。「日本秘境交通マボロシ紀行」本には、川村万梨阿と宮路一昭が大熱狂していたこともお伝えしておく。 ゲストに招き入れた太田貴子。自己紹介で,♪パンプル ピンプル パムホップン♪といきなり魔法の呪文を唱えながら登場。番組内では『BIN・KANルージュ』を流してくれた。 太田貴子と言えば、「スター誕生!」をきっかけに15歳でデビューした”元祖制服声優アイドル”。代表作は、誰もが知る「魔法の天使クリィミーマミ」。 川村万梨阿が、「魔法の天使クリィミーマミ」に登場したシンデレラを演じ現場でニアミスしていたことを、太田貴子さんの前で告白。番組中、太田貴子さんのリクエストから、川村万梨阿が魔女の声を披露する場面も。 2人とも、声優でありながら歌手。それぞれの歌うときのポリシーについて、「わたしは歌詞の世界を大事にしています」(太田貴子)。「一番から最後まで一気に歌いきること」(川村万梨阿)と答えた。 「人前で歌ったことのない自分の楽曲」話になったとき、太田貴子がボソッとつぶやいた「そういう曲は歌いたくてもカラオケがないからなぁ」の声。それを受け、宮路一昭がバンドで生演奏することも宣言した。 さらに、11月より毎月第3木曜日21時から「太田貴子のドキドキ倶楽部」の放送が始まることも告知。タイトルの由来は、「何が出るかわからないからドキドキ」とのこと。 太田貴子と川村万梨阿は、互いに若手声優時代、New Typeの撮影で沖縄へ行ったこともある仲間。そこで川村万梨阿はビキニ姿を披露したなど、何時の間にかトークは、2人の懐かしい話へ…。 川村万梨阿の「太田貴子ちゃんが番組に出るだけでセンセーショナルなこと」の発言通り、この日は、太田貴子のいろんな素顔にせまったトークだった。 最後に鎌田美沙紀も、太田貴子へ「キャラになりきって演じていたのですか?」と質問。「私、自然に入っちゃうんですよ。「魔法の天使クリィミーマミ」の場合はストーンと世界観に入れたの。でもマミを演じるときは、当時ちょっと背伸びししてたねぇ」とも語った。次回の放送は、11月12日(水)21時より。番組宛のメールも受付中。 「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」の11月のゲスト。11月12日:矢部敦志 【「宮路一昭、川村万梨阿のアニタメ温故知新!」アフター・インタヴュー】 宮路 放送の日は、ちょうど皆既月食が起きた日。皆既月食は、占いの中では「転機、新しいことの始まりの日」という意味を持つそうなんですけど。その日に、新しい環境で放送を始めることが出来たのは嬉しいことでした。 川村 「今までの終わり、新しい物事の始まり」という運命的なものを感じますよね。 宮路 そんな記念となる日のゲストが太田貴子さん。 太田 すっごい楽しい番組ですね。アッと言う間に時間が経って「えーっ、もうお終い??」みたいな感じでした。 ――今回は、ほとんどガールズトーク状態でしたもんね。 太田 そうなんです。 ――今回の放送より、背景をブルーバック(ブルーシート)仕様にしたことで、今回は秋らしい紅葉を背景に放送出来ました。 太田 あの背景はすごいです!! 川村 季節感が出てて良かったですよね。 宮路 毎月、季節や時期に合わせ背景を変えていきたいね。12月はクリスマスとかいいよね。 ――いろんなゲストさんが登場するのは、引っ越し前と変わらぬスタイルですね。 宮路 そうなんですけど。これまでの6回の放送はすべて男性が出演でしたが、今回は、ゲストとして初の女性なんです。 川村 ここまで、すごく男性出演者中心の番組だったんですけど。やっぱり女性が来ると華やかですね。 太田 女子トークは楽しいよねぇ!! 川村&鎌田 ねぇ!! 宮路 今回は貴子ちゃんのおかげで、生で、魔法の呪文「パンプル ピンプル パムホップン」まで聞けましたからねぇ。 ――太田貴子さんと言えば、番組内で嬉しいニュースを届けてくれました。 太田 あっ、そうなんですよ。わたしも「tatsumi01」さんで、11月から、毎月第三木曜日の21時から「太田貴子のドキドキ倶楽部」の放送を始めることになりました。具体的な内容はこれからなんですけど。視聴者の方と一体になれるような楽しい番組を作っていきたいなと思います。 ――もしかしたら番組内で呪文も…?? 太田 聞けちゃうかもぉ~!! 川村 うわぁー!!毎回呪文が聞けるー!! 宮路 私も、貴子ちゃんのトークが暴走しないよう、ストッパー係を担当するために出演しますので。 太田 もう辰己出版の方は、「好きなようにやってください」と嬉しい言葉を言ってくださったんですけど。あまりにも好きなようにやり過ぎると収拾が付かなくなるので(笑)。 鎌田 私、アイドルアニメや魔法少女アニメがすごく好きで。だから1ファンとして今日はここにいるみたいな気持ち。素敵なお話をたくさん聞かせていただいて、すごく今日は幸せでした。 宮路 美沙紀ちゃんには、辰己出版さんの本や雑誌を紹介していくコーナーででも活躍してもらうからね。 川村 今回は、新コーテー第1回目ということで、「あれもこれも」と、気になる本を沢山紹介しましたけど。次回からは、一人一冊ずつ紹介しようと思ってます。次回のゲストも楽しみにしながら、11月12日(水)の放送も楽しみにしていてください。(TEXT:長澤智典)