相川七瀬、初トリビュートALに東京女子流らが参加
来年デビュー20周年を迎える、相川七瀬の初のトリビュートアルバムが12月3日にリリース決定した。 1995年に『夢見る少女じゃいられない』で衝撃的なデビューを果たした彼女。 ポジティブなガールポップ全盛の時代に、全開のロックサウンドとちょっと不良っぽい佇まいで圧倒的な存在感を示し、女性ロックシンガーとして一躍時代のスターとなった。 そんな彼女の数々のヒット曲に、様々なシーンで活躍する実力派アーティスト達がそれぞれのロックな息吹を吹き込み、新しい輝きを見せる!あの名曲たちがどのように生まれ変わるのか乞うご期待。なおボーナストラックには、相川七瀬の生みの親とも言える、プロデューサーの織田哲郎による“恋心”のカヴァーも収録される。 また同時発売で、LIVE DVD『NANASE’S DAY 2014」もリリースされる。これは毎年恒例となっている7月7日の“七瀬の日”のライブ、今年はマーティ・フリードマン(Gtr)NATCHIN(Bass)、淳士(Dr)、都啓一(Key)という豪華メンバーとともに行なった熱狂のステージをパッケージしたもの。 昨今テレビのバラエティ番組やエッセイの出版など、20年のキャリアがあるからこそできる様々な活躍を見せる彼女だが、“ロックシンガー相川七瀬”の音楽に、今一度注目をしていただきたい。 収録内容(順不同、敬称略)夢見る少女じゃいられない / Silent Siren恋心 / 中川翔子BREAK OUT! / 藍井エイルトラブルメイカー / 赤い公園Sweet Emotion / 東京女子流こんなに愛しても / moumoon彼女と私の事情 / 水谷千重子+相川七瀬Bye Bye Boy(バイバイ。) / ジェニファー・エリソン恋心 / 織田哲郎 ※Bonus track