「シブカル音楽祭。2014」大森靖子×DJ HELLO KITTYが大暴れ!
10月22日(水)、渋谷クラブクアトロで個性豊かな8組のアーティストによる彩り豊かな対バンイベント「シブカル音楽祭。2014 ~DJ HELLO KITTYと一緒に歌って踊ろう~」が開催された。 オープンとともに池野詩織&松藤美里によるDJユニットBOMB COOLERのオープニングDJからスタートし、心地よいディスコチューン『LISTEN TO THE MUSIC』でおなじみのポップバンドShiggy Jr.のライブで早くもフロアはヒートアップ。 DJブースに着ぐるみをかぶりながら登場したYUIとNAOKOによるバクバクドキンは、奇想天外のパフォーマンスで視線を一気に集めた。 続けてステージでは、カラスは真っ白によるライブがスタート。ヤギヌマカナのウィスパーボイスと楽器隊のファンキーサウンドで観客を魅了。さらにDJブースに登場したのは、Bis解散後も自主企画でユニークなライブを開催するなど注目が集まるテンテンコ。 隣のブースでは、水墨画家のCHiNPANがHELLO KITTYをモチーフにVJ×水墨画のライブペインティングを披露。 そして、お待ちかねのDJ HELLO KITTYが姿を見せると、観客達はステージに釘付けとなり、愛らしい容姿からは想像もできないクールなEDMサウンドが響き渡り、フロアはいつの間にかダンスフロアと化した。 DJ HELLO KITTYが最終曲のあとにかけたのは大森靖子の最新シングル『きゅるきゅる』。歌う大森靖子と踊るDJ HELLO KITTYによって、見事なまでのコラボステージが完成。この日のトリを飾った大森靖子は、アコギ一本で客席の空気をガラリと変え、力強く最後まで歌い通した。 アンコールでは、大森靖子の『きゅるきゅる』で振付けも担当した竹中夏海がゲストとして登場し、大森靖子の歌う『ムーンライト伝説』に合わせ、出演者全員を巻き込んでのセーラームーン体操で締めくくった。 「シブカル祭。」だからこそ実現した、強力な8組によるライブパフォーマンスが渋谷クラブクアトロで咲き乱れた。