今井洋介、文明を捨て奄美大島の生活へ
テラスハウス出身の今井洋介が、携帯電話はもちろん腕時計に至るまでをスタッフに預け、文明を捨てた7日間の生活に挑んだ様子がオンエアされる。 今井の旅の模様が放送されるのは、24日放送のBS朝日「人生を変える7日旅」。 今回の旅は、同番組のテーマである「7日間あれば人は誰でも変わることができるかもしれない。」にちなんで今井自らが提案したもの。これまで自身も当たり前のようにネットや電話を使ってきたが、「風景を主として撮影をする写真家としてその便利な生活に何か違和感のようなものを抱いていた」という今井。国内外の中から奄美大島を指定、さらに条件としてこの期間はあらゆる通信機器や時計を捨て、自分の体だけで本当の人間関係を築くための旅を提案した。 放送前に公開された写真では、マングローブ林の中カヌーを漕ぐ姿や、1メートルはあろう魚を両手に抱える姿が写っており、真っ黒に焼けた顔をしゃくしゃにして泣く姿もある。果たしてこの7日間の生活で今井に何が起こったのか。 旅を終え、「自然の恵みをいただきながら、自然に敬意を払いながら生活する人々の価値観に触れることができました。」という今井は、この旅を通し、「どんなに便利になったり、忙しい世の中でも決して忘れてはならない、人間として大切にしなくてはいけないもの」を心身で感じ取ったという。 テラスハウスが終了し、共に過ごしたメンバー達が別々の新たなステージへ進む中、今井洋介は何を見て何を感じたのか。その模様は24日22時よりBS朝日「人生を変える7日旅」にて公開される。