Happiness新曲MVは「光」を操る
E-girlsとしても活躍する7人組ガールズ・グループHappiness。 今年5月にavexへと移籍し発表した『JUICY LOVE』が、有線J-POPリクエストランキングで第1位を獲得するなど(05/14付)、現在注目を集めている彼女たちがこの秋送る、通算7枚目となり11/19にリリースされるニュー・シングル『Seek A Light』のミュージックビデオが完成、ついに公開された。 今回の作品は楽曲タイトルの『Seek A Light』の名の通り、「光」を探し求め、無ければ自ら生み出すという、光を使ったパフォーマンスで見せる作品となり、近未来の抽象空間の中で、夢を持ち、力強く前に進んでいこうとする意志を描いたMVに仕上がっている。 本編では、白と黒の無限大を表す空間としたステージ、オブジェを構築し、そのステージ上ではメンバーの力強いパフォーマンスとともに光のCGを駆使した近未来な世界観と共に表現している。そんなHappinessの高いスキルによるダンス・シーンも今回の見どころ。 メンバー自身が踊りの振り付けを行い、光を探すとともに光を掴むという強い意味も込められたものとなり、光をイメージした部分は手話をダンスに取り入れ感情を込めた振付となる。 メンバーそれぞれの「光」(=夢)すべてがひとつの場所に揃い、昇華させることで、新しいステージ(=未来)へ向かおうとする意志を、1カットのカメラワークでのダンスシーンで撮影。ダンスもののミュージックビデオの中でも類い稀な、注目のシーンだ。