マスクを被ったHR/HMバンド、スリップノットがチャート首位に
10月15日に、約6年ぶりとなる待望の最新アルバム『.5:ザ・グレイ・チャプター』をリリースしたアイオワが生んだ猟奇趣味的激烈音楽集団、スリップノット(SLIPKNOT)。 11月15、16日に自身が主催するロックフェス「KNOTFEST JAPAN 2014」を控えている彼らのこの最新アルバムが、10/27付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:10/13~10/19)で初登場首位を獲得した。 スリップノットによる過去作品の最高位(シングルを含む)は2008年8月発売のアルバム『オール・ホープ・イズ・ゴーン』などで記録した2位で、首位は2000年3月の日本デビュー以来15年目で初めて。また、今年洋楽アーティストによる首位も初となった。 『.5:ザ・グレイ・チャプター』に収録された『ザ・ネガティヴ・ワン』は今年8月に急きょインターネット上にて発表。本国アメリカのBillboardにあるトレンド・チャートではNo.1を記録。さらに、このアルバムからのリードトラック『ザ・デヴィル・イン・アイ』の過激すぎる内容で話題となったミュージックビデオは、YouTubeに公開されたやいなや、PV数が公開約1か月にして850万回を突破。新しいマスクの公開や、この過激なミュージックビデオといった話題性もあり、アルバム発売前から大きな盛り上がりを見せていた。