「アナ雪」のエルサ、山下達郎のあの名曲をカバー
映画「アナと雪の女王」英語版で女王エルサを演じ、アカデミー賞(R)最優秀主題歌賞を受賞した『Let It Go』を歌った世界的人気スター、イディナ・メンゼル。 11月12日に日本発売されるクリスマス&ウィンター・アルバム『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』に日本盤だけのスペシャル・トラックとして海外の女性ソロ・アーティストとしては初となる山下達郎「クリスマス・イブ」の英語カバー曲の収録が決定した。 今年、空前のヒットを記録したディズニー映画「アナと雪の女王」で“雪の女王”エルサ役(声の出演)を演じ、自らが歌った主題歌『Let It Go』でアカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞するなど、一気に世界的なスターとなったイディナ・メンゼル。今までに「レント」や「ウィキッド」などの人気ミュージカルで活躍しトニー賞受賞経験も持つ彼女が、ワーナーミュージックからキャリア初となるクリスマス&ウィンター・アルバム『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』を、いよいよ11月12日に日本発売するが、この話題のアルバムに日本だけのスペシャル・トラックとして、日本を代表するクリスマス・ソングとして絶大な人気を誇る山下達郎の『クリスマス・イブ』の英語カバーが収録されることが明らかとなった。 この『クリスマス・イブ』の英語カバー曲は、セリーヌ・ディオン『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』、マライア・キャリー&ボーイズⅡメン『ワン・スウィート・デイ』、マライア・キャリー『恋人たちのクリスマス』等、数多くのビッグ・アーティストと共にヒット曲を多数手がけ、1999年には『マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン』でグラミー賞最優秀レコード賞を、2000年にはグラミー賞最優秀プロデューサー賞を受賞した超大物プロデューサーであるウォルター・アファナシェフ氏がプロデュースを担当したという豪華な楽曲。 元々、今回のクリスマス&ウィンター・アルバムのリリースに際し、日本のレーベル側からイディナ側に「アメリカのクリスマス・ソングだけでは日本になじみがない曲が多いので日本のクリスマス曲、中でも一番の人気を誇る『クリスマス・イブ』のカバーをやってもらえないか」と打診したところ、イディナとプロデューサーのウォルターも『クリスマス・イブ』を大変気に入り、実現したという。イディナ本人も「一度聴いたら素晴らしいメロディの曲だって、すぐに感じたわ。実際に歌ってみたら、最初は少し難しかったけど、何回か歌っているうちにすごく感情が入っていって、今ではとっても愛着がある曲よ。日本のみなさんが 気に入ってくれたら嬉しいわ」と語っている。 オリジナル・バージョンよりややゆったりとして壮大なミュージカル風アレンジのイディナのカバー・バージョンもこの冬大きな話題となりそうだ。11月12日に日本発売されるイディナのアルバム『スノー・ウィッシズ~雪に願いを』には、この『クリスマス・イブ』のカバーの他、おなじみのクリスマス&ウィンター・ソングのカバーが多数収録されている。プロデューサーのウォルター・アファナシェフの代表作であるマライア・キャリーの『All I Want For Christmas Is You(恋人たちのクリスマス)』の他、日本でもおなじみの『Let It Snow Let It Snow Let It Snow(レット・イット・スノー)』等のクリスマスの定番曲、またイディナ本人が好きだったというジョニ・ミッチェルのクリスマス・ナンバー『River』、さらにマイケル・ブーブレとのデュエット曲「Baby It’s Cold Outside」などが収録されている。10月22日(水)からは、iTunes Storeにてアルバムの先行予約もスタートする。