BUCK-TICK年末武道館公演、15年連続で今年も開催
全28公演にも及ぶ全国ホールツアーを先月終えたばかりにも関わらず、今度は場所をライブハウスに変えて、新たなツアー「TOUR 2014 metaform nights ~或いはアナーキー~」を10月25日赤坂BLITZからスタートを切るBUCK-TICK。 精力的に活動を続けるBUCK-TICKから本日、年末の日本武道館ライブが今年も開催される事が発表された。 今年でいよいよ15年連続というアニバーサリー開催となる。今年の公演は長期に渡って行われたツアーの集大成として行われるライブ。タイトルは「或いはアナーキー -N P P N B D K N-」。 先のツアーでは最新アルバム『或いはアナーキー』のテーマである“シュルレアリスム”を踏襲したセット・映像と、パフォーマンスをリンクさせる事でテーマの具現化を図り、BUCK-TICKが創り上げられた妖艶な芸術世界には会場にいる誰しもが引込まれ、心酔さずにはいられなかった。これ程までにファンを魅了したツアーが、日本武道館ではどんな世界が繰り広げられるのか!? また、今週の10月22日には、ファンからライブ音源の商品化を切望する声に応える形で、7月31日に行われた渋谷公会堂でのライブパフォーマンスを収録したLIVE CDがタワーレコード限定という形でいよいよ発売される。このリリースに伴い、タワーレコード各店では衣装展やパネル展など様々なコラボレーション企画が実施される。 日本武道館でライブを実施することだけでも凄い事であるのだが、それを毎年年末に15年間連続して行い、毎年チケットSOLD OUTを記録していることは、もはや前人未到の領域であろう。今年も間違いなくチケットは大激戦の争奪戦の末、レア化することが容易に推測される。 デビュー27年にして常に“進化”を遂げているBUCK-TICK。ホール規模のツアーの次はライブハウスツアー。そして年末には日本武道館とデビューから27年を経てもライブに対する貪欲で積極的な姿勢と飽くなき音楽への探究心に脱帽である。 ☆クリックでBUCK-TICKの世界観に触れる☆