T.M.R初の海外単独LIVE、台湾ファンをSP演出でサプライズ
今年6回目の「イナズマロック フェス 2014」を大成功におさめたばかりのT.M.Revolution。10月18日、19日に台湾・Legacy TaipeiでのLIVE 「T.M.R. LIVE REVOLUTION ’14 in Taipei」を行った。 Anime Festival Asia、OTAKONを始め、各国のアニメイベントへの出演が増えているT.M.R.だが、今回の台湾公演は18年のキャリアの中で初となる海外単独公演だ。 デビュー直後にプロモーションで訪台して以来、台湾のファンから待ち望まれていたLIVEが遂に実現。 8月に現地で発売されたチケットは両日とも即日SOLD OUTで、超プラチナチケットという状況の中での開催。2日目の公演は、日本・香港の映画館でライブビューイングという形で行われた。 現地時間17時、客電が落ち、割れんばかりの「T.M.R.コール」の中、LIVEがスタート。正に“待望“という2文字に相応しく、1曲目の『BLACK or WHITE?』から会場は一気にヒートアップ。『INVOKE』『ignited –イグナイテッド-』といったアニメファンからの支持が厚い曲から、日本でもリリースされたばかりの『Phantom Pain』、戦国BASARAシリーズでお馴染みの『Count ZERO』『FLAGS』と代表曲を次々に披露。 台湾のファンの為に用意したという『THUNDER BIRD』『vestige –ヴェスティージ-』のアコースティックコーナーも交えたスペシャルな演出もあり、観客には嬉しいサプライズ。これぞベストオブT.M.Revolutionとも言えるセットリストでヒット曲の数々を惜しみなく歌いあげる。 合間のMCで西川は「台湾でこうしてLIVEが出来て本当に嬉しい。」「近いうちにまた必ず帰ってくる。」と中国語も交えながら、台湾のファンへ向けた感謝の言葉と熱い想いを語り、これに観客も大歓声と大喝采で応え、会場の一体感がどんどんと加速していく。 アンコールでは『HIGH PRESSURE』『HOT LIMIT』『WHITE BREATH』と畳みかけ、大団円となる『HEART OF SWORD ~夜明け前~』では両手で大きなハートマークを掲げる観客が日本語で大合唱しながら西川への想いを届け、全20曲、約2時間の公演を締めくくった。日本のみならず海外での活動も積極的に進めているT.M.Revolution。革命の新たなる1歩となったのは間違いないだろう。 T.M.Revolution楽曲買うならドワンゴで