FTISLAND、秋のツアースタート
FTISLANDが10月16日のTokyo Dome City Hallを皮切りに、10月15日リリースの14thシングル『To The Light』を引っ提げ、「FTISLAND AUTUMN TOUR 2014」をスタートさせた。 超満員でのスタートとなった今年2回目となるツアーのコンセプトは“四季”。メンバー自身がアイディアを出したという今回のコンセプトについて、ボーカルのホンギは 「変わっていく季節のように、さまざまなジャンルに挑戦していくグループになりたいんです」とコメント。 今回のオープニングは、“春”をテーマに進行されたのだが、これまでのFTISLANDの雰囲気とは異なり、しっとりとしたナンバー『Beloved』でスタート。しかしホンギの「叫べー!」という掛け声とともに“夏”のステージがスタートし、会場のファンのボルテージは一気に急上昇。続く秋のステージでは「いつか」など、しっとりとしたバラード曲を哀愁たっぷりに歌いあげる。 しかし、そのまま冬へと進行されると思いきや、「このまま冬に移ったらさみしいよね?僕たちの得意な“夏”に戻ろうか!」というホンギの掛け声で、再び“夏”を迎え、「未体験Future」などの楽曲で盛り上げる。 また最新シングル曲の『To The Light』について、「この曲はジェジンと僕にとってすごく大事な時期に書いたもの。悩むこともたくさんあるけど、太陽は変わらずいつも同じ場所にあるように僕らの希望(Light)に向かって行くイメージで書いたんです。これから、どんどんいいことが増えていくはず」と、この日最高の笑顔を見せる。 最後は冬をテーマとした楽曲でファンに少し早い“クリスマス”をプレゼント。「FTISLAND AUTUMN TOUR 2014」は、札幌、大阪、名古屋に続き、11月24日の横浜アリーナでツアーのファイナル公演を迎える。 【クリック】FTISLANDをチェック