a-nation singapore 浜崎あゆみ、m-floが意気込み
2014年10月17日MasterCardRTheatres at Marina Bay Sans/シンガポールにて、東南アジア初、日本最大級の夏フェスa-nation singapore開催に向けて、浜崎あゆみ、m-floが記者会見で意気込みを表明した。 m-flo VERBALはシンガポールで以前に公演を経験しているが、m-floとしては今回のa-nation singaporeが初公演となる。 VERBAL、☆Takuは共に過ごした学生時代の逸話等披露:VERBALは5年生から☆Takuと既知の仲で最初の出会いは☆Takuがビデオカメラを持って学校に現れ、映画に出演するようにお願いしたこと。映画は作られはしなかったが、それ以来の仲であるという。 これまでの15年間の成長、今後の予定をメディアに聞かれたときには、「音楽業界、ファンや、その他からのプレッシャーに関わらず、絶え間ない進化と自分のしていることを信じること」の重要性を強調。ヒップホップグループは「飽きっぽい」と明言し、彼らの信念のひとつは「Break the mould(画期的な)」であり、常にウィッティーであるように心がけていると述べた。明日のa-nationでのパフォーマンスについては、「シンガポールで開催されるa-nationにm-floとして出演するのはとても意味のあるマイルストーンである」と答えた。 J-Popの女王として知られている浜崎あゆみも、12年前の一度目の公演以来となるシンガポールでの再公演を同様に喜んでいるようである。明日の公演では最新アルバム”Coulours”からの楽曲そして、ヒットナンバーを披露すると述べた。「シンガポールでのソロコンサートの予定は?」とメディアから聞かれた際には「ぜひ」と笑顔で答えた。 上品な黒とゴールドのドレスを身にまとった浜崎あゆみは、「私のスタイルは、トレンドに乗っているかどうかではなく、私の曲や私がどうなりたいか、という思いにインスピレーションを受けている」と率直に答えた。また、学生時代のことをメディアから聞かれた際には「tom boyで、一人が好きだった」と述べた。また学生時代の一つある後悔は高校を早くに辞めた事を挙げ、学生には学校生活を楽しんで学業をやり通して欲しいと述べた。 「a-nation singapore」では、浜崎あゆみ、m-floに加え、日本、台湾、シンガポールから合計7組のアーティストが出演する。日本を代表するエンタテインメント企業avexがトップアーティストや最新ファッションコンテンツを一同に集めたプレミアなショーケースを開催する。 ☆浜崎あゆみ曲、過去楽曲も一曲から買える!