5SOS、メンバーの体調不良により初来日がキャンセルに
デビュー・アルバムが世界76ヶ国のiTunesで1位、全米初登場1位を獲得するなど、世界中で人気沸騰中のポップ・ロック・バンド、5SOSことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。 ここ日本でも、デビュー・アルバムの国内盤が遂に先週発売され、プレミアム・ショウ・ケースは即日ソールド・アウト等、彼らの待望の初来日に日本中が注目していたが、大変残念ながら、来週の初来日がキャンセルとなってしまった。 ドラム&ヴォーカルのアシュトン・アーウィンは、盲腸炎によりシドニーの病院にて盲腸除去手術を行う事になり、急遽入院。アシュトンは現在療養中であり、従ってバンドは残念ながら、来週予定していた初来日を中止せざるを得ない状況となった。バンドから日本のファンに、以下のコメントが届いている。 「日本のみんなへ。今日は、みんなにお知らせがあります。アシュトンが、手術が必要な盲腸炎になったんだ。アッシュはすぐ元気になって、また4人での活動を再開するから心配しないでね。ただ、アッシュは1~2週間休む必要があるんだ。だから今回、僕らは日本に行くことができなくなってしまった。みんな、本当にごめんなさい。僕たちに会いに来ようと考えてくれていたファンのみんな、僕たちもみんなにすごく会いたかったし、みんなを悲しませるのはすごく嫌いなんだ。だからみんな、今回のことは理解してくれると良いな。なるべく早く日本に行けるように頑張るから、みんな、僕たちのことを待っててね!ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーより」