Cheeky Paradeツアーファイナル、夢のNYに爪痕残す
Cheeky Paradeがニューヨーク最大の音楽と映画の祭典「The 3rd Annual CBGB Music & Film Festival」に登場。全国ツアーのファイナル公演として、メインステージに日本人アーティストとして初出演を果たした。 今年2月、初めての全国ツアー、そしてその最終公演がニューヨークで行うことが発表された。Cheeky ParadeがNY公演を行うことを知った、「CBGB」のイベント主催者が興味を示し、今回Cheeky Paradeのツアーファイナル公演ごと特別招聘を受け、NY最大のフェス・メインステージアクトという日本人初の快挙となった。 ニューヨークには、この公演が生まれたきっかけとなったファンも帯同。タイムズスクエアのど真ん中に設置された特設ステージには、日本からのファン・ニューヨーカー合わせて約1500人が集まる中、着物や刺繍を贅沢に使用した和装風の新衣装を身にまとったチキパのメンバーが登場した。 メジャーデビュー曲『BUNBUN NINE9’』から、ライブはスタート。キャッチ―なサビと振付で、過ぎゆくニューヨーカー達の足が次々止まる。 たたみかける様に、アッパーサウンドでパンク調の『C.P.U !?』を披露すると、会場は大盛り上がり。特設ステージ前はみるみるうちに、更に人が押し掛ける。新曲の『キズナ PUNKY ROCK!!』、『無限大少女∀』を熱唱。ダイナミックなジャンプシーンにオーディエンスは歓声を上げた。 最後は新曲、“CBGB”の頭文字を意識した『CANDY POP GALAXY BOMB!!』を披露。ころころと転調する楽曲と、バラエティ豊かなパフォーマンスで一気に最後を締めくくった。 拍手喝采の中、リーダーの関根から英文でのスピーチ。「We would like to give special thanks to CBGB’s, and to everyone who came to see us perform today. Thank you our fans and families who have been a huge support for us. We cannot say enough thank you!(CBGBに携わっている全てのスタッフの方々に感謝致します。また、今日私達のLIVEを観て下さった皆さん、そして日々私達をサポートしてくれる家族のみんなに感謝しています。本当に本当に、ありがとうございました!)」―一部抜粋― ニューヨークにしっかり爪痕を残したCheeky Parade。ツアー最終公演はもはやアイドルの枠を越え、「日本のカルチャーシーン」を世界に発信していた。 また、会場では、今回のフェスの共演者でもあるDEVOのメンバーや、愛娘がフェスの司会者でもある、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンと面会するなど、プレミアムな経験を得た彼女達。 オリジナルロゴ入りの「どら焼き」や「手ぬぐい」を手渡し、しっかりと“JAPAN”アピールも行っていた。 ・チキパの楽曲ならドワンゴジェイピー!