沢尻エリカを「命がけでいびり倒したい」女優陣宣戦布告
いよいよ10月15日(水)22時に初回放送を迎える、沢尻エリカ主演ドラマ「ファーストクラス」。その制作発表が8日行われ、沢尻エリカを筆頭に総勢11名の“沢尻悪女イレブン”が勢ぞろいした。 この日登場したのは、主演の沢尻エリカをはじめ、木村佳乃、倉科カナ、シシド・カフカ、篠原ともえ、鈴木ちなみ、余貴美子、市川実和子、小島聖、ともさかりえ、夏木マリら、総勢11名の女優陣、通称“沢尻悪女イレブン”。 ドラマ「ファーストクラス」は、今年の4月から6月に放送されたドラマ「ファースト・クラス」の続編。舞台を出版社からファッションブランド業界へと移し、新進気鋭のデザイナーとして働く沢尻エリカ演じる主人公のその後を描く。 前作のキャッチコピーは「私以外、全員悪女。」だったが、今作では「私含めて、全員悪女。」へと変わり、沢尻エリカも悪女の一員として登場。しかし、それをはるかに凌ぐ悪女たちが集結。木村佳乃は「とにかくイジメます」と早くも気合十分で語り、今回がドラマデビューとなるシシド・カフカは「いかにメンチを切り続けるか」、余貴美子にいたっては「命がけでいびり倒したい」と、堂々の宣戦布告。 それぞれが役さながらの台詞でPRし、夏木マリは「仲悪くやってるんでよろしく~」と不敵な笑みを浮かべた。 これには、沢尻エリカも「日々ビシビシいびられて耐えております」と、戦々恐々。沢尻ですらひるむほどの性悪度MAXの女優陣たちによる泥沼のバトルがいよいよ幕を開ける。初回放送は、10月15日(水)22:00よりフジテレビ系にて15分拡大で放送される。