コブクロ黒田「誰が進撃の巨人やねん!」金爆のパロディ逆手に
10月の3連休に行われた【テレビ朝日ドリームフェスティバル2014】、その大トリにコブクロが登場した。 映画「トワイライト ささらさや」の主題歌、『Twilight』をライブで初披露し、『蕾』など大ヒット曲のオンパレードとなった。 「代々木―!」の掛け声から『君という名の翼』で勢いよくライブがスタート。しかし、ステージ上に登場したのはなぜか小渕1人だけ。そこへ、突然高下駄を履き3メートルを超す超長身となった黒田が登場!!会場が爆笑に包まれる。 実は、同日出演のゴールデンボンバーが、自身の出演パートで、コブクロのパロディとしてメンバーが高下駄を履き、長身の黒田を真似てコブクロ『桜』を熱唱しており、リハーサルでその事実を知ったコブクロメンバーがゴールデンボンバースタッフに直訴し、快くお借りした代物だった。勢いにのり『轍』を熱唱したあと、「誰が進撃の巨人やねん!」と自分に突っ込みを入れ更に会場をわかせた。 ひとしきり盛り上がり、「懐かしい曲から、新曲まで幅広く用意してきたので楽しんでいって下さい」というMCで自身の楽曲を披露すると思いきや、ゴールデンボンバー『女々しくて』を熱唱するという流れでたたみかけ、序盤から会場は大盛り上がり。その勢いのまま、『Million Films』『風』『今、咲き誇る花たちよ』と、名曲のオンパレードが続く。会場のボルテージが最高潮に高まったところで、映画「トワイライト ささらさや」の主題歌『Twilight』(11/8配信スタート)をしっとりと歌い上げた。 初披露となる新曲だったが、「失ってしまった大事な人を見守るような楽曲です」というMCからファンならずとも感動し涙する姿が多く見られた。ラストは極上のバラード『蕾』で会場の感動の渦にのまれ本編が終了。 アンコールでは『YELL』で会場中が一つになり、3日間の大イベントの幕を閉じた。 今後コブクロは、2014年11月に、ホールツアー「KOBUKURO Acoustic Twilight Tour 2014」(全国4都市8公演)を控えているが、MCでも発表した通り、2015年に全国ツアーを開催することも決定。 2015年4月25日(土)の真駒内セキスイハイムアイスアリーナを皮切りに、 2014年の全国ツアーでは行くことが出来なかった地域や大阪は京セラドーム2DAYS、 愛知は初のアリーナ4DAYSと、全国10都市24公演。コブクロにとって、過去最大規模の全国ツアーとなる。