私立恵比寿中学「ハイタテキ!」新曲披露!食レポに苦戦
私立恵比寿中学が10月13日(月)、品川にて「私立恵比寿中学×サークルKサンクス ハロウィン新商品発表会 ハロウィンだヨ!全員着用~!!」を開催した。 このイベントはサークルKサンクスのハロウィン新商品イメージキャラクターであるエビ中のミニライブに加え、エビ中メンバーによるサークルKサンクスのハロウィン新商品食レポというレアイベント。来場者は抽選で選ばれた約500名のプレミアムなファンたち。この日は「ハロウィン」と冠されているとおり、来場者は全員コスプレをしての参加と賑やかな場内となった。 イベントがスタートすると「フランケン、出てこいや!」のアナウンスが鳴り、双子のフランケンシュタインに扮した、真山りかと星名美怜がロボットダンスをしながら登場。その後次々とお化けや魔女、果てはかぼちゃに狼男とエビ中メンバー全員も様々なコスチュームを身にまとって登場! まずはミニライブからイベントはスタート。『オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~』『禁断のカルマ』とハロウィンパーティに相応しいホラーテイストな楽曲を展開、衣装と相まって特別な雰囲気を醸し出していく。続くはクールな『バタフライエフェクト』、紫と青を基調とした照明が妖しさを演出。エビ中の不可思議な魅力を全開にし前半を終えた。 ライブはここで一旦休憩、続くはサークルKサンクスの新商品をその場でメンバーが食レポするという特別企画がスタート。まずはからあげを真山と星名が実食。「空気でも味が伝わるぐらいおいしい!」と堅実かつしっかりしたトークで続くメンバーにプレッシャーを与えれば、オムライスおにぎりをオムライスが大好きな松野莉奈が眉毛にご飯がくっつくほどの勢いでかぶりつく。柏木ひなたは、終始はにかみながらファニーにこなす。中山莉子、小林歌穂の後輩コンビはミックスジュースを飲み初々しさを見せれば、ラスト・かぼちゃプリンのレポートを担当した安本彩花は独特の言語センスをさく裂させ廣田あいかは「外はカリッ、中はフンワリと二層構造がしっかりしるのがいいですねぇ」とメンバー絶賛の言葉選びで、場を沸かせた。 再びミニライブがスタート。メジャーデビューシングル『仮契約のシンデレラ』で熱量を加速させる。テンションが上がりきったメンバーは、この日最後を飾るのは11月5日に発売される新曲『ハイタテキ!』。元JUDY AND MARYのTAKUYAが手掛けたなロックサウンドの上にのるあっけらかんとしながらもジワリと悲しさが滲む歌声が非常にエモーショナルにさせる、エビ中の新たな一面を引き出した曲だ。コミカルな振りと共にステージを彩っていくメンバー、ファンたちもホール会場を一気にライブ会場へと変えるほどのテンションで迎え撃ち、双方の熱気も最高潮を迎えた。 ラストは来場者全員と記念撮影、メンバーにとってもファンにとっても特別なイベントになった。終演後の囲みで、衣装について聞かれるとオオカミ男に扮した安本は「フワフワモコモコで冬にぴったりの衣装で温かいです。この衣装を見てみなさん温まってもらいたいです」とご満悦、メンバー全員も同様の感想だった。 ラスト、記者からこの日の食レポの出来は誰がベストだったか?についての問いに「あいあい!」と満場一致で廣田に決定。「かぼちゃだから、気持ちが分かっただけです」とかぼちゃの衣装だからできたと謙遜する廣田だった。しかし、メンバー自身はそれぞれの出来には満足いってなかったようで、星名は「ファミレスでみんな食レポ大会しよう!」と次なる日のために提案。これにはメンバー全員「そうしよう!」と相槌を打った。『ハイタテキ!』の発売、横浜アリーナでのワンマン、そして本日のイメージキャラクターと、この秋はエビ中一色の季節になりそうだ。 【クリック!】・エビ中楽曲を買うなら!