道重さゆみへ指原莉乃が「尊敬しています」大森靖子は感動の対面
MUSIC JAPANへモーニング娘。’14が出演をし、道重さゆみがモーニング娘。として最後のMJ出演を終えた。 番組では、モーニング娘。を卒業する道重さゆみへ、指原莉乃や中川翔子、大森靖子からコメントが寄せられた。 モーニング娘。のファンとしても有名な指原莉乃は、「道重さんと同じで年の離れた後輩をまとめる立場になったのですが、その時のふるまいそれでもアイドルで入れる力道重さんにしか出来ないことだと思ってます。すごくすごく尊敬しています」とした。 中川翔子は「道重様がいたからモーニング娘。のこの時代の美しさがあった」と独特の表現で賞賛。 また、道重さゆみヲタとしても有名な大森靖子は、ステージ上で思いを語り「道重さんが愛してみんなで作って来たモーニング娘。がこれからも愛され、育っていきますように。モーニング娘。はやっぱり永遠の愛の形です」と話すと、舞台裏で見ていた道重さゆみは涙を目いっぱいにためながらモニターを見つめていた。大森靖子は、自身の歌の前に、モーニング娘。の『歩いてる』を弾き語りで一節熱唱。演奏後に舞台裏でモーニング娘。’14と対面した大森靖子は、道重さゆみへ涙を流しながら自身がメジャーデビューを果たし、共演できた喜びを伝えると、道重さゆみも「もらい泣きしちゃう」と涙ぐみながら握手を交わした。 【モー娘。最新情報、卒業メンバー情報はクリック】・モーニング娘。【クリック】一曲から販売中! この日、モーニング娘。’14は新曲『TIKI BUN』『シャボン玉』を熱唱。最後には、つんく♂からの手紙が紹介され、「どこまでがピュアでどこからが計算か、これが道重のテーマやったと思うけど、最後の方はピュアが勝ってたねえ。計算しない道重から出てくる言葉も、笑顔も行動もすべて心に届くいいものでした」という感動的なものだった。 道重さゆみは、11月26日横浜アリーナでモーニング娘。を卒業する。