ユナイト、カメレオ、DIV人気V系バンド不仲説の裏側
10月9日、19時過ぎ、都内某所。高級住宅街にほど近い夜の街に3人のヴォーカリストが颯爽と現れた。 それぞれオリコンインディーズチャート1位を獲得し、大規模ライヴハウスやホールクラスでのワンマン公演を行うなど現在若手ヴィジュアル系シーンの中で注目を集めている、ユナイト・Vo.結、カメレオ・Vo. HIKARU.、DIV・ Vo.CHISAだ。 ユナイト、カメレオ、DIV。この3バンドは12月22日に川崎CLUB CITTA’で行われるイベント「DANGER fes 2014 – Christmas Battle –」で共演されることが発表されているが、業界内でもこの3組が集まるのは異例と言われており、関係者筋からは「この3バンドは同じDANGER CRUEという事務所ですが、この3組だけの共演は今まで無く、今回が初めてのケースです。先日イベントを発表したインターネット生放送番組内でも“基本的に仲が悪いです”“電話番号を登録していない”“事務所でそれぞれの機材車は見るけど、メンバーにちゃんと会って話すのは初めて”などと、本気なのか冗談なのか分からない発言が飛び交い、ネットでは“本当に仲が悪いのでは”と言われていましたね」などと不穏な証言も多い。 その後、それぞれのヴォーカリストは隠れ家的な飲食店へと移動。辺りを気にしながらお店に入っていく3人を追いかけると、そこにはユナイト、カメレオ、DIVのメンバーが全員揃っていた。最後に集合時間に遅れたカメレオ・Ba. Kouichiが申し訳ない表情をしながら登場し、役者は揃った。この集まりは、どうやら冒頭に書いた12月22日のイベントの打ちあわせと称した大会合だった。 スタッフに集められた3バンドのメンバーは総勢14人。最初こそ、ややぎこちない雰囲気を感じに見受けられたが、食事が進むと本来の目的であったと思われるイベントの内容にまつわる会話に突入。まだイベントの内容自体は発表されていないが、どうやら当日はライヴ中心になりそうな会話がこの日は飛び交っていた。ライヴ内容も“誰もが事前には予想ができないこと”を軸に、誰もが驚くような意見も飛び出し、時折同席したスタッフが苦悩する場面も見られた。そして、DANGER fes 2014 – Christmas Battle –のタイトルに対しても様々な意見が活発に議論されていた。こちらのタイトルにも、近々一波乱が起きそうだ。この会合の中で特に印象的だったのは、それぞれのメンバーたちが口々に繰り返し出ていた“ファンの為に”という言葉だった。様々な憶測が飛び交うが、このイベントに対するバンド同士の想いは一緒なのである。 この会合を経て、12月22日のイベントが大きく動き出すことが予感される。チケットは熾烈な争奪戦が予想されている。現在ユナイト、カメレオ、DIVの各バンドオフィシャル先行予約は10月14日16時まで行なわれる。こちらも要チェックだ。2014年の総決算といえる3バンドが集結する奇跡の一夜をお見逃しなく。 【V系記事一覧はクリック!】・ユナイト楽曲多数!今すぐ聞くクリック!・カメレオの曲買うならドワンゴで!・DIV新曲チェックはクリック!