ササノマリイ、マッチ箱の世界で描かれたMV公開
エレクトロニカをベースとしてロック、ヒップホップとの融合など独自の解釈で楽曲制作し発表してきたササノマリイが10月15日にリリースする1st EP『シノニムとヒポクリト』よりタイトル楽曲のMVを公開した。 シノニム(synonym)は同意語、類義語、ヒポクリト(hipocrite)偽善者、猫かぶりを意味する言葉で、『戯言スピーカー』で表現された歌詞の世界に対する別視点から描かれた楽曲で別曲ながら、同じテンポ、コード進行のため、歌詞を入れ替えても歌唱する事が可能な楽曲となっていて、前曲と同様100個のマッチ箱を使いストップモーションで撮影された映像に本人がロトスコープで出演した作品になっている。 また、ネット上で英語圏、中国語圏のファンからも注目される『戯言スピーカー』の英語、中国語で歌唱された、2つのバージョンも公開された。 来週10月15日のEP発売日にはニコニコ生放送上でササノマリイ初となるライブを披露する。