高橋優、あきたこまちCMソング起用で地元に恩返し
8月6日にリリースされた4thアルバム『今、そこにある明滅と群生』が絶好調のもと、 10月17日から全国24会場にてホールツアーを敢行する高橋優。 10月8日、都内某所にて、JAグループ秋田・JA全農あきた(所在地:秋田県秋田市)の秋田県産「あきたこまち」デビュー30周年を記念した新CM発表会が行われ、4thアルバム収録曲『同じ日々の繰り返し』がCMソングに起用されたことが発表された。 秋田県横手市出身の高橋優は、「なまはげ」を意識した秋田弁の歌詞によるロックチューンを発表するなど、地元愛にあふれた秋田を代表するシンガーソングライターであることから、今回CMソングへの起用が決定した。 秋田県産「あきたこまち」デビュー30周年の新CM発表会では、同じく秋田県横手市出身で、同CMキャラクターの壇蜜さんが登壇し、CM撮影時のエピソードやあきたこまちと壇蜜さんの30年表が紹介された。そして、高橋優も登壇。CMソング『同じ日々の繰り返し』を弾き語りで力強く生披露した。 「(あきたこまちとは)同世代で、物心ついたときからあきたこまちを食べて育ち、酸素のように取り込まれてきた存在です。」とあきたこまちへの想いを話す高橋。あきたこまちの食べ方は「おはよう納豆という秋田の定番の納豆と一緒に食べるのが好きです!」と語ると、「納豆は実は秋田が発祥なんです!」と秋田出身らしいトリビアも披露し、会場をにぎわせていた。 CMソングとなっている楽曲『同じ日々の繰り返し』については、「ありきたりで、見慣れているけど、ありがたくて、貴重で、尊い、そんな想いを書いた曲です。」と自身のあきたこまちへの想いとの共通点も語り、「あきたこまちの30周年、自分が30歳でCMソングを担当させていただけて幸せです。」とCMソングへの想いも語った。 なお秋田県産「あきたこまち」デビュー30周年新CMは、2014年10月11日(土)から東阪名および秋田にてTVオンエアされる。 ●CMソングへの起用に際しての高橋優コメント「昨年12月に30歳になった僕が、30年間ずっと食べてきたあきたこまちがデビュー30周年という事をまるで自分のことのように嬉しく思っています。あきたこまちの今後の益々の発展に、楽曲でほんの少しでもご協力出来るならこの上ない喜びです。」 ※高橋優、聞くならクリック!