ジョン・レノン初のハイレゾ配信がスタート、第一弾は「イマジン」
ジョン・レノンの初のハイレゾ配信がスタートした。 国境を超え、人種を越え、世紀を越えて永遠に感動を与え続ける最高傑作『イマジン』と、ジョンのルーツである1950年代-1960年代にヒットしたロックン・ロールのスタンダードをカヴァーしたアルバム『ロックン・ロール』が、ハイレゾでダウンロードできる。 今後、10月14日には『ダブル・ファンタジー』、『マインド・ゲームス』、『心の壁、愛の橋』がハイレゾで配信され、10月21日には『ジョンの魂』、『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』、『ミルク・アンド・ハニー』が続く予定。10月28日には2010年にリリースされた2作の編集盤、15曲入りのヒット曲集『パワー・トゥ・ザ・ピープル』と、72曲入りの『ギミ・サム・トゥルース』がハイレゾ・デビューを飾り、11月4日には『ジョン・レノンBOX』が配信される。 2010年にリリースされ、大好評を博したこのコレクションには、いずれも96KHz/24bitのハイレゾで新たにリマスターされた8作のオリジナル・アルバムに加え、レノンのアルバム未収録シングルを集めたEP、さらには44.1kHz/24bitでリマスターされた、このボックスでしか聞けないレア曲も数曲収録されている。