w-inds.ツアー最終日、香港ライブ大盛況
w-inds. 全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2014 “Timeless”」は、7月19日パシフィコ横浜国立大ホールを皮切りに全国13カ所行われ、10月4日に追加公演の香港Kitec – Star Hallでツアーファイナルを行った。 また、香港でも絶大な人気を誇るw-inds.ですが、2004年香港でリリースしたベストアルバム『bestracks』から2012年に リリースしたオリジナルアルバム『MOVE LIKE THIS』まで10作連続で、IFPI香港ベストセールス大賞 日韓部門受賞し、10作連続受賞は史上初であり、今回の香港訪問にあわせて授賞式を、ライブ前日の10月3日(土)にCROWNE PLAZA HOTELで執り行われた。 表彰式では、史上初の快挙に多くの現地マスコミが集まり、記念の大型の盾が授与され、続いてコンサートプロモーターからアルバム 『Timeless』にちなんで、記念の腕時計が3人に授与されました。グループインタビューと個別取材では、記者との記念写真に応じるなど 和やかに行われ、ライブ当日にMCで使うための広東語をインタビュアー聞くという一幕も。 ライブは、4日(土)20:15~香港Kitec – Star Hallで行われ、3000人を動員し、w-inds.のカラーである青いペンライトが客席一面に広がるなかスタートした。 アルバム『Timeless』1曲目に収録されている『Do Your Actions』から始まり、真っ白なスーツの3人が登場すると、割れんばかりの歓声で迎えられ、続く『Make you mine~Trident Rap Edition』で慶太の伸びやかなヴォーカルと、涼平、龍一のラップ、そしてダンサーとシンクロしたダンスを披露し観客を魅了した。 MCでは、慶太が広東語で「戻ってきたよ!」と叫ぶと一斉に歓声があがり、アジアのライブデビューから10年が経ち、不動の任意を得たw- inds.だが1年に2回香港で単独公演を行うのは今回が初めてで「1月にきて、またこうして香港でライブができてうれしいです!」と龍一 が話し、涼平が「香港のみなさんは、感情をストレートに表現してくれるので、本当に楽しんでくれることが伝わってきます!ありがとう!!!」 話すと、慶太が涼平に「じゃあ、あの言葉を皆さんに言ってあげて」と、促すと広東語で「愛してます」と涼平がキザに決め、観客 は大盛り上がり。で、「もう1回」コールが広がり、涼平が笑顔で答えた。 本編が終了し、アンコールに応えてw-inds.が舞台上に上がると、メンバーにサプライズで、オーディエンスが青の星型風船を持って迎える と、涼平は思わず「キレイだなー」と声をあげて、デビュー曲『Forever Memories』のカップリング曲『Moon Clock』を披露、最新アルバム『Timeless』から懐かしいナンバーまで全24曲を披露してライブは終了した。 ☆w-inds.過去楽曲!超懐かしいあの曲も