SuG同士のライブバトル「極彩SuG VS 極悪SuG」初日終了
SuGが 舞浜アンフィシアターにて、10月4日、5日の2日間に渡り「極悪SuG」「極彩SuG」の2つのバトルをコンセプトで行うワンマンライブを開催。 その初日である「極悪SuG」のライブが終了した。今回のコンセプトは「極悪SuG」と「極彩SuG」 がバトルをし、2日間の観客の声量が大きい方の公演がライブDVD&BDとして発売されるというもの。 オープニングFM OSAKA「BUZZ ROCK」の パーソナリティでお馴染みの下埜正太が登場。今回の企画の説明があると、オープニング映像がスタート。 「極悪SuG」と「極彩SuG」の会見でのバトル映像が流れ、ステージからポップアップでメンバーが登場すると一気にアンフィシアターのボルテージは上昇。 ROUND1で は『Pastel Horror Yum Yum Show』からライブがスタート。 ダンサーが登場し『KARMA DISCORD』『Howling Magic』を披露。MCで は再度下埜正太が 登壇。メンバーへメッセージを求めて武瑠、yujiにマイクが向けられると「あぁ?」 と挑発的な態度で下埜を制圧。ぴりぴりムードの中、ROUND2がスタート。 活動再開第一弾シングル『MISSING』を披露すると『fatinside horror』などヘヴィなロックナンバーを披露。『butterfly Boy』『薫』『きたないことば』を続けて演奏。 次のMCでは両日一人だけ極悪ではないかと呼び声が高いChiyuへ。ほぼ司会を無視し、温厚なイメージのmasatoも 本日は口を開かなかった。司会の下埜は「こんな緊張感のあるインタビューは無いです」と冗談交じりに本音を漏らした。 「盛り上がって行こうぜー!」と『sweeToxic』がスタートするとダンサーが再度登場。「揺らせ!」という武瑠の合図に乗ってアンフィシアターに集まった2000名のファン が一斉にジャンプ。『ID fudge factor』『yellow strider』『輪廻せんちめんたる』などあまり普段のワンマンライブでは 露される事が少ないエッジーなナンバーも披露。『ラストー!』武瑠が叫ぶと『mad$hip』 を披露して本編は終了した。 アンコールに入るとSuG流 パンクナンバーで11月19日 発売の新曲『CRY OUT』を初披露。最後のMCで も相変わらず極悪な態度で司会を挑発。最後ドラムshinpeiにマイクが。する と背が小さいshinpeiがステージ前でハコ馬に乗り、司会を見下し挑発するパ フォーマンスで会場を沸かせた。 SuGのライブで定番のナンバー『heavy+electro+dance+punk』を披露し、最後は『ときどきすてきなこのせかい』でVersuS初日、SuG史上初?となるほぼMCの無い「極悪SuG」のライブは終了した。 そして、この日の観客の声量は「430db」 を記録。翌日行われる「極彩SuG」の観客 の声量は「430db」を超えるのか!?要注目だ。 そしてニューシングル『CRY OUT』のニュービジュアルと詳細を発表。SuG、2014年第3弾となるニューシングル『CRY OUT』は初期衝動が詰まった”SuG流パンク”そして初回盤のカップリングには、ライブでも定評のある『39GalaxyZ』と『heavy+electro+dance+punk』を-Rebirth version-と して再録した音源が収録される他、特典DVDには『CRY OUT』のミュージックビデオや、8月 末に出演したタイでの大型ライブイベントの映像も収録予定。通常盤には新曲の『Nevermind』 を収録。 そして今年の8月に稲川淳二やベイ ビーレイズ、神聖かまってちゃんなど豪華出演陣が集った対バンフェスを大盛況に終えたSuG主 催のフェスの第二弾となる「SuG フェス-2014 冬-」の開催が決定。 今回は0.8秒 と衝撃。、バンドじゃないもん!、jealkbと異色のアーティストが激突!SuGならではのラインアップで渋谷Quattroを盛り上げる。 さらに武瑠がメインパーソナリティを務めるファッション情報番組「COLOR CONTACTS」が10月15日よりソーシャルメディア2.5Dに て放送開始。 武瑠と斎藤夏美の2名がメインパーソナリティ、また人気読者 モデルを招いて東京の最新ファッション事情を紹介する番組がスタート。放送は10月25日から。是非こちらもチェックだ。 ・SuGラインナップ!クリックで確認