世界に認められた「サイコ・ル・シェイム」生放送で復活宣言に密着
スーパーコスプレバンドとして「ニューズウィーク日本版」の特集「世界が尊敬する日本人100」に選ばれたこともあるサイコ・ル・シェイム。 バンド結成15周年を迎えた2014年、メジャーデビュー記念日でもある10月2日に復活宣言、ニコニコ生放送にてメンバー全員が集合し会見を行なった。 サイコ・ル・シェイムは、2006年に惜しまれつつも活動休止し、その後は2009年にバンド結成10周年記念ライブを行ったのみで、表立った正式な活動はなかった。 この日行われた会見では、「もともと地元が一緒で音楽を演るために東京に出てきた仲間だったということもあるので、活動休止中もメンバーで会うことがありまして、常に再結成できたらいいねという話はしていました。」とseekが話すとDAISHIは「深酒をして酔っ払うとメンバーに愛を語っていた」と笑いを取りながらも今回は「サイコ・ル・シェイム」を結成する際に誘った順に再結成も誘ったと秘話を公開した。ただ、「今回に限ってはまだAYAくんは誘っていない」ということで、生放送で再結成を誘うまさかの展開に!「サイコ・ル・シェイムやってみる?」と誘うとAYAは「やるやる!」とノリノリに答える…も、「まさかこんなにスベるとは」と苦笑いをするDAISHI。その二人のやりとりを大爆笑して見守るメンバーに関係性の良さを感じた。 活動休止中の話となり、それぞれのバンド活動をしていたとしながらLidaは「プロレスのマスク作りをしていた」、YURAサマは「エアロビクスインストラクターの免許をとった」と意外な話に会場が沸く。 今後、共演をして欲しいアーティスト等を話しユーザーからも意見を募ると、かつて関わりの深かったMUCCや、ふなっしーなど様々な意見が出る中で、ゴールデンボンバーとのコラボをファンは熱望しているようだった。 そして、今回の復活LIVEについてDAISHIは「サイコ・ル・シェイムのLIVEを見たことのある人生と、見たことのない人生なら、見たことのある人生の方が楽しいと思うのでよろしくお願いします!」と豊富を語った。 また、生放送では過去の映像を見ながら振り返るコーナーで、奇抜すぎる衣装やメイクの数々を紹介。今回の再結成でもseekがキグルミを着ていることで「どうやってベースを背負うんやろ」という根本的な疑問を、この衣装を制作した後に議論をしたという秘話まで公開。 「TOKYO PARALLEL WORLD」と題された記念ライブは、豊洲PIT での2015年2月11日(水・祝)~はじまりの奇跡~からスタートし、Zepp DiverCity Tokyoでの 2月14日(土)~想い出の時へ~、15日(日)~あの場所を夢見て~まで、全3公演開催される。 【Psycho le Cemu 15th Anniversary Live TOKYO PARALLEL WORLD】 ~はじまりの奇跡~ 2015/2/11(水・祝)豊洲PIT 開場17:00 /開演18:00 ~想い出の時へ~ 2015/2/14(土) Zepp DiverCity Tokyo 開場17:00 /開演18:00 ~あの場所を夢見て~ 2015/2/15(日) Zepp DiverCity Tokyo 開場15:00 /開演16:00 チケット料金:前売り 1F立ち見¥6,800/2F指定¥7,800 (税込) ドリンク代別 チケット一般発売:2014/12/20(土)~ ニコニコ生放送 10月2日(木)19:00~放送 スーパーコスプレバンド「Psycho le Cemu」メンバー全員で復活宣言 独占生放送スーパーコスプレバンド『Psycho le Cemu』メンバー全員で復活宣言 独占生放送 ☆サイコ・ル・シェイム楽曲はクリック!