真心ブラザーズが西部開拓時代にタイムスリップ?
25周年を迎えた真心ブラザーズが、今年立ち上げた自身のレーベル“Do Thing Recordings”(ドゥー・シング・レコーディングス)から、待望のNEW ALBUMが11月19日にリリースされる。 ひと月前のリリース発表と同時に、収録曲『あいだにダイア』が、テレビ東京系の大人気番組「おはスタ」のテーマソングに決定したことがアナウンスされ、いち早く新曲を聴かせてくれていた。 9月25日には真心ブラザーズが番組生出演をし初披露、同番組にレギュラー出演中のお笑い芸人・鉄拳がパラパラ漫画アニメを制作し、番組内で初公開もされた。ニューアルバムへの期待感と注目度が日増しに高まっている中、本日遂にそのアートワークとタイトルが発表となった。 公開された最新のアーティスト写真とジャケットデザインを見てまず驚かされるのは、真心ブラザーズの二人がまるで西部開拓時代へとタイムスリップしたかのような姿に変身していることだ。アルバムジャケットは全体的に昔のアナログ盤レコードを彷彿とさせるようなテイストに仕上がっており、団塊世代にはどこか懐かしさを感じ、若い世代には逆に新鮮に感じ取れるのではないだろうか。 リリース前から既にこの作品が時代を超えて愛聴される永久保存の名盤であることを暗示しているかのようである。そして、NEW ALBUMに名付けられたタイトルはズバり『Do Sing』。この名はレーベル名の“Do Thing”とかけたものであり、自身のレーベルへの愛情、そして第一弾アルバム作品への強い想いを感じることができる。 アルバムの詳細に加え、リリース後の全国ツアーの詳細も発表となった。2015年1月16日の仙台を皮切りに、全国8ヶ所9公演が予定されている。サポートベースに岡部晴彦、サポートドラムに伊藤大地を迎えたバンド編成“Low Down Roulettes”としての7公演を『Do Sing Tour with Low Down Roulettes』と銘打ち、おなじみ10人編成MB’sにて、東京と大阪の2公演を「Do Sing Tour with MB’s」として開催する。真心ブラザーズとしてオリジナル・アルバムのリリースは2012年4月25日にリリースした『Keep on traveling』以来、約2年7ヶ月振りとあって、待ちに待った彼らのNEW ALBUM、そして新作を携えてのツアーが待ち遠しくて仕方がない。 ・今こそ聞く!真心ブラザーズの『拝啓、ジョン・レノン』『サマーヌード』!